2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Roland TR-8とSH-101(ソフト)で「TR-8がやってきた」 | トップページ | Roland Cloud「JUPITER-8」をインストール »

2021/01/21

Analog Mania RC-808を試す

ローランドTR-8を買って楽しく、TR-808についてネットサーフィンしていたら、「RC-808」というものを見付けた。Webサイトはこちら。元ローランドの菊本忠男さんなどがAnalog Maniaという集団を作って楽しくやっているようだ。

ダウンロードしてインストールした。

20210121a_rc808sim808c

上の図は、RC-808.exeを起動して、「8DeePAcstOpnCls.allprm」というパラメーター・ファイルを読み込んだ様子だ。KORG nanoKEY Studioで叩いてみたのが下の録音だ。

RC-808 My 1st Rec

大変つたない演奏であるが、まあ、手打ちということでご勘弁願いたい。

RC-808.exeと同じフォルダーにRC-808Edit.exe(RC-808 Drum Sequence Editor)というのもある。

20210121b_rc808drumsequenceeditor

RC-808Edit.exeからRC-808.exeにMIDI信号を送るために、LoopBe1というドライバーソフトを入れるsetuploopbe1.exeというものも用意されている。LoopBe1をインストールして、上の図のRC-808Edit.exeに入っていたシーケンスをRC-808.exeで鳴らしたのが下の音だ。ただ、RC-808Edit.exeに入っているデータと、RC-808.exeで読み込んだパラメーター・ファイルの整合性が取れているかどうかはわからない。

RC-808 Drum Sequencer Editor Play

タムのいきいきした感じが好印象。正確であることも素晴らしい。

RC-808-PLG.vst3というVSTもあるので、Cakewalkで読み込んでみた。

20210121c_rc808vstpluginatcakewalk

画面デザインが違うのでびっくり。色々工夫しますなぁ。SMFが用意されているので、その中の一つ「GateAction_1_0728 BPM128.mid」を鳴らしてみた。先ほどと同じパラメーター・ファイルを使ってけっこうノイジーだったので、別のパラメーター・ファイルにしてみたが、大きくは変わらなかったので、意図したノイジーさなのであろうと推測する。

GateAction_1_0728 BPM128.mid

最初はシンバルがノイジーに鳴り、徐々に変化する。最後の「どーん」が最高だ。

このようにソフトシンセを弾いていると、パソコンというのはすごいなぁ、と思う。何にも姿を変える。究極のおもちゃであると思う。

ではハードウエアの電子楽器は不要かというと、それはそうでもない。TR-8は、演奏する人のためのコントロールサーフェスとして、とてもよく考えられていると思う。音色変更のつまみ、インストゥルメントごとの音量調整のフェーダー、打ち込みのための16個の光輝くボタンなどだ。パソコンはどうしてもトラブルが生じやすく、安心して使えるという面でも単体機の良さはある。

そして何より、ビジュアルの美しさ。TR-8とMX-1を並べて眺めているだけで楽しい。電源を入れていなくても、だ。

TR-8を買わなかったら、RC-808について知ることもなかったかもしれない。

H2

« Roland TR-8とSH-101(ソフト)で「TR-8がやってきた」 | トップページ | Roland Cloud「JUPITER-8」をインストール »

Analog Mania」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland TR-8とSH-101(ソフト)で「TR-8がやってきた」 | トップページ | Roland Cloud「JUPITER-8」をインストール »

「シンセな日々」検索







ウェブページ