2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Roland JD-XAのデジタルパート出力をアナログパートに入れる | トップページ | KORG wavestateをバージョン1.0.6に更新 »

2021/02/19

Roland SYSTEM-8バージョン1.31でJuno-60を弾く

20210219a_rolandcloudjuno60

Roland Cloud Managerの「ライブラリ」リストを見たら、JUNO-60がインストールできる状態になっていた。2月16日から3月17日までお試し期間であるらしい。JUNO-6と60は憧れつつも入手できずに来たシンセなので、インストールした。パッチの「JUNO-60 CYBER CITY」「JUNO-60 SYNTHWAVE」もインストールした。

画面を見て気になったのは、「PLUG-OUT」ボタンがあることである。SYSTEM-8にプラグアウトできるかと思って試したら、バージョンが合わない、という。SYSTEM-8のダウンロードページを見たら、バージョン1.31がリリースされていた。更新してバージョンを確認したのが下の写真だ。

20210219b_rolandsystem8version1_31

再度プラグアウトを試す。今度はSYSTEM-8のスロットが3つ表示された。

20210219c_3plugoutsinsystem8version1_31

JUPITER-8とJUNO-106のバージョンが上がっているような気がする。とりあえず、今回は、スロット3のJX-3Pを消してそこにJUNO-60を入れてみることにした。

本当にプラグアウトするのかと尋ねてくる。

20210219d_juno60plugout

上のアイコンは、ホストとして使っている「Hosting AU」のものだ。この画面で「OK」ボタンを押すと、下の画面で上書きを確認してくる。

20210219e_juno60overwritesotherplugout

OKを押したらJUNO-60をSYSTEM-8に転送できた。SYSTEM-8でバージョン確認をしたのが下の写真だ。

20210219f_juno60_1_00insystem8

1.00である。出たばかりだ。

ソフト版JUNO-60のプリセットはこんな具合である。

20210219g_rolandcloudjuno60presets

前半に今っぽいパッチがあり、D-1からG-8にはJUNO-60のファクトリーパッチを復元したものが入っている。今っぽいものと1982年ぽいものを一つずつ録音してみた。

A-1: Tiny Complex

今回入ったディレイなどを使い、以前のJUNO-60ではできなかった音を作っている。どこかのインタビュー記事でローランドの人が、JUNO-6/60はいい部品を使っていて、JUNO-106はとにかく安くすることを考えた、と語っていた。JUNO-60の方がどことなく高級感があるなぁ、と思うのは、それを聞いたからだろうか。

D-1: 1982 Strings 2

cc#1を上げ過ぎて、前半は揺れがくどくなってしまった。後半は両手で弾いており、cc#1はゼロになっている。パソコンに取り込んで波形を見たところ、コーラスの漏れが出ていた。らしいなぁ、と思う。

JUNO-60 CYBER CITYの音色リストはこんな感じ。

20210219h_rolandcloudjuno60cybercity

JUNO-60 SYNTHWAVEの音色リストはこんな感じ。

20210219i_rolandcloudjuno60synthwave

ローランドのプリセットに比べると、自由に音を作っている感じで、サードパーティらしい。

高校生の時に軽音楽部の部室にJUNO-6があったが、私は軽音楽部ではなかったので、触れる機会は限られていた。中学の時に私が憧れた同級生のY氏は、中学の時にはヤマハCS-15を使っていて、高校の時にはJUNO-60を使っていたと聞いて、うらやましかった。JUNO-6/60はMIDI以前の機種で、中古が出てもなかなか買いにくかった。そんなわけで、自分の机の上にあるSYSTEM-8でJUNO-60を弾けるのは、感慨深い。

SYSTEM-8は、オリジナルシンセモデル(SYSTEM-8)の他に、プラグアウトとしてJUPITER-8、JUNO-106、JX-3Pを搭載している。ここまではすべてポリシンセのモデルだが、SYSTEM-100、SH-2、PROMARS、SH-101というモノシンセのモデルも使える。これらに今回、JUNO-60が加わったというわけだ。

ローランドは過去のアナログ名機をデジタルで復活させるということをよくやっている。boutiqueシリーズ(の多く)はポリ数が足りないし、音色名が出ないのでどうも買う気になれなかった。プラグアウト含む4モデルすべてが8音ポリで、音色名が出て、操作パネルが大きいSYSTEM-8を、私は高く評価している。JUNO-60のLifetime Keyの価格は149ドル。購入を検討する。

H2

« Roland JD-XAのデジタルパート出力をアナログパートに入れる | トップページ | KORG wavestateをバージョン1.0.6に更新 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland JD-XAのデジタルパート出力をアナログパートに入れる | トップページ | KORG wavestateをバージョン1.0.6に更新 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ