2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Roland JD-XAで大きい音を作る3(17音色のm4aファイルとxalファイルあり) | トップページ | Roland SYSTEM-8バージョン1.31でJuno-60を弾く »

2021/02/18

Roland JD-XAのデジタルパート出力をアナログパートに入れる

20210218a_rolandjdxatrihollow

JD-XAについてのWeb上のインタビュー記事を読んで、デジタルパートの出力をアナログパートに入れてアナログフィルターをかける、というのをやってみたくなり、初期化して実験してみた。それで作ったのが、「TriHollow」という音色である。

TriHollow

デジタルパートで「022:Hollo Wave1」を選び、それをアナログパートに入れた。フィルターはモーグタイプと言われる「LPF2」。アナログオシレーターで三角波を加え、オシレーター2は1オクターブ上にした。アナログオシレーターにはフェイドインするビブラートとポルタメントをかけた。

デジタルパートはポリフォニックなので、パラフォニック的に和音を弾けるが、モノフォニックのアナログオシレーターは後着優先であるので、モノフォニックにどこを割り当てるかは、意識して弾き分けなければならない。高音優先、低音優先に切り替えられたらよかったのに。

アナログパートのMFXはリミッターにして音量を上げた。Ratioが100:1、Post Gainが+18dBという、最大につぶした設定である。音量上げが必要なシンセって、珍品だと思う。

xalファイルはこちら。

ダウンロード - 20210218a_trihollow.xal

KORG Prologue-16も、アナログオシレーター2個とデジタルオシレーター1個を混ぜることができたっけなぁ、と思い出した。

H2

« Roland JD-XAで大きい音を作る3(17音色のm4aファイルとxalファイルあり) | トップページ | Roland SYSTEM-8バージョン1.31でJuno-60を弾く »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland JD-XAで大きい音を作る3(17音色のm4aファイルとxalファイルあり) | トップページ | Roland SYSTEM-8バージョン1.31でJuno-60を弾く »

「シンセな日々」検索







ウェブページ