2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Roland JD-XAでINTEGRA-7の「SuperNATURALシンセ・トーン」を弾く | トップページ | Roland JD-XAで大きい音を作る2(8音色のm4aファイルとxalファイルあり) »

2021/02/15

Roland JD-XAで大きい音を作る(4音色のm4aファイルとxalファイルあり)

20210215a_20210215a_xal

ローランドJD-XAで4個音を作った。今日の目標は、デジタル1パート1パーシャルで大きな音が出るようにすることだ。

今回音を大きくするために使った方法は2つ。(1)PCM波形の場合は「PCM Gain」という設定項目があるので、それを「+12dB」にする、(2)PCM波形ではない場合はそのパラメーターは使えないので、Part MFXで「32: Limiter」を選び、「Post Gain」を10dBほど上げる、である。

ではその音を。

JDPiano2

以前作った音色に「JDPiano1」というものがあったので、それを持ってきて編集し、「JDPiano2」とした。PCM波形の「121:Synth Piano」をプラス12dBで鳴らしてリバーブ「Room1」をかけた。パートEQでローを少し削った。

DSaw1

PCM波形ではない「SAW-A」とLPF1を組み合わせ、リミッターで音量を上げてディレイをかけたもの。JD-XAのディレイはモノディレイである。TFXにもステレオのディレイはないようだ。ステレオのディレイをかけるにはMFXを使わねばならぬようで、これは意外だった。まあ、モノディレイは好きだからいいけれど。

DSqr1

上のDSaw1の波形を「SQR-A」に変えて、カットオフ、レゾナンス、MOD LFOの設定などを見直したもの。

JP8SawLead

PCM波形「001:JP-8 Saw」を12dB上げて、MFXのリミッターによるレベル上げをしないようにしたもの。MFXのリミッターを使わなかったためかピークが出ていて、パソコンに入れてからの音量上げに難儀した。

今日わかったことは、JD-XAの音が今ひとつ眠い感じなのは、音量が小さいせいではないかということだ。大きくすると、弾いていて気持ちがよい。JD-XAのD/Aコンバーターはけっこう良いものが使われていると思うが、出す音を大きくすると、さらにノイズフロアが下がる。

今回の4音色は、すべてデジタルパート1個、その中のパーシャル1個を使ったものだ。複数のパート、複数のパーシャルを使った場合は、より自然に、大きい音が出せると思う。

下は、今回の4音色が入ったJD-XAのライブラリファイルである。「JD-XA Librarian」で開いていただければと思う。

ダウンロード - 20210215a.xal

PCM波形の音量を上げるパラメーターは、ヤマハEX5にあって、それを見付けた時はずいぶんと得をした気分になった。波形のバリエーションが増え、音量が上がってつぶれた感じの音が得られたからである。そのパラメーターにSuperNATURALシンセ・トーンで再会した。

H2

« Roland JD-XAでINTEGRA-7の「SuperNATURALシンセ・トーン」を弾く | トップページ | Roland JD-XAで大きい音を作る2(8音色のm4aファイルとxalファイルあり) »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland JD-XAでINTEGRA-7の「SuperNATURALシンセ・トーン」を弾く | トップページ | Roland JD-XAで大きい音を作る2(8音色のm4aファイルとxalファイルあり) »

「シンセな日々」検索







ウェブページ