2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

« Cherry Audio「Voltage Modular」をインストール | トップページ | Roland Cloud TB-303をインストール »

2021/02/25

Yamaha MONTAGE 6をバージョン3.51.0に更新

20210225f_updatingyamahamontage

2020年2月21日に、ヤマハはMONTAGEの新ファームウエア「V3.51.0」を公開した、ようだ。とりあえず、自分のMONTAGE 6に適用した。

3.51の変更点は、ドキュメントによれば

  • ピッチベンドホイールによる各種パラメーターのコントロールができない不具合を修正しました。
  • MODXのユーザーファイルを読み込んだときに、Live Setの情報が一部正しく変換されず、各スロットのリンク先パフォーマンスが ”Init Normal (AWM2)” になる場合がある不具合を修正しました。

である。ピッチベンドホイールは通常ピッチベンドに使っているので、そういう不具合があるとは気付かなかった。MODXのファイルを読み込んだこともない。まあ、自分には関係がない。それでもまあ、更新できたようなのでよしとする。

H2

« Cherry Audio「Voltage Modular」をインストール | トップページ | Roland Cloud TB-303をインストール »

Yamaha」カテゴリの記事

コメント

質問ですが、今コルグpa1000を購入するか迷ってます
micro arrangerも持ってます
メインで使ってるのはYAMAHA DDK7です
もう長く使ってるのでリズムパターンが飽いてるところpa1000のボイスハーモニー機能がほしくて買おうか迷ってます
いったんやめてボイストランスフォーマーでいいとは思い考慮中です
micro arrangerとの音の差があまりないようなことがこのブログ内に書いてあったので気になって質問します
音色の差はどんなんでしょうか?

tomoko3さん、こんにちは。「シンセな日々」をお読みいただき、ありがとうございます。DDK7をお使いなのですね。私も欲しいと思ったことがあるのですが、けっこう大きくて、果たせずにおります。

microARRANGERとPa1000ですが、価格が違いますし、Pa1000の方が後から出た製品なので、差は大きいです。Pa1000があると思うと、microARRANGERに触る気になれません。小型軽量であることが必要にならない限り、microARRANGERはしまったままになりそうです。

Pa1000は、鍵盤が標準サイズでアフタータッチ付きなので、それだけでも好きです。鍵盤の奥が弾きにくいので質が最高とは言えませんが、まあまあです。

Pa1000はカラーのタッチパネル液晶で、ほんと、今どきのシンセです。microARRANGERより楽に使えます。

Pa1000の音色は、かなりいいと私は思っています。GM音源的に使うシンセとしては、最高レベルです。音色を作ろうと思えば、かなり込み入ったこともできるでしょう。ただ、KRONOS、MONTAGEなどに見られる「1キー押せばグルーブ全開」みたいな音色はありません。弾いて勝負するか、スタイル使うか、シーケンス組むか、というシンセです。

DDK7のパターンやmicroARRANGERの音色に飽きてきているのであれば、Pa1000は良い選択肢ではないでしょうか。一つ前の世代のPa900も、オークションとかで時々見かけます。

では!

H2

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Cherry Audio「Voltage Modular」をインストール | トップページ | Roland Cloud TB-303をインストール »

「シンセな日々」検索







ウェブページ