2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

« Roland Cloud TB-303をインストール | トップページ | Clavia Nord Rack 2を出してきた »

2021/03/05

Roland Cloud JD-800 Model Expansionをインストール

20210305a_rolandzenologylitejd800massive

Roland Cloudで「JD-800 Model Expansion」が利用可能になった。JD-800 Model Expansion製品ページでデモ演奏を聞ける。

2020年3月2日~31日までテストドライブ期間であるというのでインストールしてみた。上の図は、MacでLogicを起動し、ZENOLOGY Liteの音色選択画面で「EXM005 JD-800」バンクを選び、「0002: Massive Pad」を選んだ様子である。音はこんな感じ。

EXM005 JD-800 0002: Massive Pad

LogicでZENOLOGY Liteを開いて、JD-XAの鍵盤を弾いてMIDI録音をし、4分音符でクォンタイズをかけた。MIDI録音をしたのは、手弾きでレコーダーに入れるとノイズが入るだろうと思ったからだ。2014年のCore i5搭載MacBook Proでは重過ぎる。もう少し高速なCPUを積んでいるWindowsデスクトップで使うべきかもしれない。

Windowsデスクトップは、最初はうまく入らなかったのだが、ZENOLOGY Liteを更新したら入った。そちらでも録音を一つ。

EXM005 JD-800 0035: Ac. Piano 1

JD-800のファクトリーパッチ64個はModel Expansionに移植されていて、有名なプリセット「I-53 Ac. Piano 1」は、Model Expansionの35番に入っている。JD-800のパッチ選択ボタンは8×8であったからだ。Arturia KEYSTEP 37でCakewalkにMIDI録音して8分でクォンタイズし、テンポを上げた。クリップをエクスポートしてWAVファイルを作った。

ファクトリーパッチが移植されているので、JD-800はこういう風味だったのか、と学べる。見事な音が多く、勉強になる。

Model Expansionは、音色の編集画面が実物を模したものではないので(私はZENOLOGY Liteしか使っていないのでその画面を見たわけではない)、実用面はともかくとして、楽しさには欠けると思う。

それでも、ローランドがJD-800をソフト化したのは今回が初ではないかと思うし、そのこと自体は歓迎する。Model Expansionsの音色は、ZENOLOGYを持っていれば、JUPITER-X/Xmにエクスポートできるようだ。それを聞くと、JUPITER-Xが欲しくなる。Fantomの方がよいかもしれないが、よくわからない。

H2

« Roland Cloud TB-303をインストール | トップページ | Clavia Nord Rack 2を出してきた »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland Cloud TB-303をインストール | トップページ | Clavia Nord Rack 2を出してきた »

「シンセな日々」検索







ウェブページ