2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« MOTU MIDI Timepiece AVをmacOS Big Surで使う | トップページ | Dexibell Vivo SX7で「遠きイタリアに思いを馳せて」 »

2021/06/14

Dexibell Vivo SX7を4.12.0160に更新

20210614a_dixibellvivosx7updatesuccess

先日Dexibell Vivo SX7のページを見ていて、オペレーティングシステムが更新されたのを知った。いつか出してきて更新しようと思っていたのだが、今日出してきて4.11.0127であることがわかったので更新した。上の画面は更新が成功した画面だ。

めだたく、4.12.0160になった。

20210614b_dixibellvivosx7version4_12

一つ録音してみるか、と思った。

VIVO Grand

Vivo SX7の1番ピアノである。意図的に、かなりこもった音を1番に持ってきたのだろう。この機種の音色は、モジュレーションホイールを上げるとこもった感じになるものが多いのだが、この音色は、モジュレーションホイールを上げるとさらにこもった、もこもこの音になる。ステレオ感も他社とは異なる。もっとブライトな普通のピアノもある。

ノイズフロアが、マイナス86dB程度あるのは立派だ。MONTAGE6に少し劣る程度だと思う。

アフタータッチを受けてくれるのはよいが、アコースティックピアノでもビブラートがかかるというすごい設定になっていて、それを音源側で切れるのかどうかは謎。とりあえず、MONTAGE6の側で切った。もちろん、ギターやベースなどでは重宝する。

我が家にある電子楽器の中で、アコースティックピアノの音が良いのは、ヤマハMONTAGE6とClavia Nord Stage 3が双璧である。この2機種は、プリセットそのままで、楽しく弾ける。それに次ぐものはいくつかあり、Vivo SX7もその一つだ。音源モジュールとしては、最後発で、最も良いレベルである。

これまでちゃんと使ってきていない。研究しないとなぁ。

H2

« MOTU MIDI Timepiece AVをmacOS Big Surで使う | トップページ | Dexibell Vivo SX7で「遠きイタリアに思いを馳せて」 »

Dexibell」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MOTU MIDI Timepiece AVをmacOS Big Surで使う | トップページ | Dexibell Vivo SX7で「遠きイタリアに思いを馳せて」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ