2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« Behringer B3031AをRhodesの拡声に使う | トップページ | Clavia「Nord Keyboard Stand」を購入 »

2021/08/31

Arturia MicroBruteを購入

20210831a_arturiamicrobrutered

Arturia(アーチュリア)のモノフォニック・アナログ・シンセサイザー「MicroBrute」を購入した。色は赤。1万8000円+送料1510円。デッキセイバー(ほこりよけ板)がおまけで付いてきたが、使うかどうかは謎。

Arturiaのソフト「Midi Control Center」が認識し、バージョンが古いと言ってきた。

20210831b_arturiamidicontrolcenterfoundm

「1.0.0」と出ているところをクリックしたら下のダイアログが現れた。

20210831c_updatemicrobrute1

「Download latest」を押してダウンロードした。下の画面が出た。「更新モードにしろ」とかなんとかいうので、こちらを見て、オクターブボタンの上下両方を押しながら電源を入れた。よくわからないが、何とか進んだようだ。最後に下のダイアログが出た。

20210831d_updatemicrobrute2

Midi Control CenterでのMicroBruteのバージョン表示も更新された。

20210831e_updatemicrobrute3

では音を一つ。

MicroBrute Square Lead

矩形波を出し、Pulse Widthつまみは最小。カットオフをしぼり、レゾナンスを少し上げ。モジュレーションホイールでビブラートがかかるようにした。LFOのAmountつまみで、モジュレーションホイールの効きを調整できるので、浅いビブラートを容易にかけられる。これは嬉しい。

CakewalkにMIDI情報を録音し、クォンタイズをかけ、指をひっかけた部分を前後にずらし、という面倒なことをした。MIDIデータを再生しながらオーディオを録音しようとしたら、MIDIデータがこけた。なんと情けない。これだからDAWを信用できないんだよなぁ。タスクマネージャーでプロセスの優先度を上げて何とかなったけれど、本当に、こういうトラブルって嫌。

音が出来上がってから、Cakewalkの中で下のディレイをかけた。

20210831f_btoilcanechotle2s

使ったことがないプラグインがいろいろ入っている…。

MiniBrute、MiniBrute2と買ってきたが、MicroBruteは買ってなかった。安くなったら買おうと思っていたのだが、なかなか出物にめぐりあえず、1万8000円は当初想定予算よりオーバーしているが、買ってしまった。今後もあまり下がらない気がした。

小さいのが素敵。ツマミ類が絞られているのも良い。小さなパッチベイもかわいい。ピッチとモジュレーションのホイールはまあまあしっかりしているので、打ち込みに使うのもよさそうだ。音も悪くない。

加水分解でアタックのツマミがベトベトしている。まったく…、と思うが、まあ仕方ない。Arturiaらしい。

H2

« Behringer B3031AをRhodesの拡声に使う | トップページ | Clavia「Nord Keyboard Stand」を購入 »

Arturia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Behringer B3031AをRhodesの拡声に使う | トップページ | Clavia「Nord Keyboard Stand」を購入 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ