2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« 「パナソニック補聴器 耳年齢チェック」に挑む | トップページ | Behringer B3031AをRhodesの拡声に使う »

2021/08/30

Genelec 1031Aを購入(2回目)

20210830a_genelec1031a827

Genelec(ジェネレック)1031Aを購入した。2ペア目である(1ペア目の購入についてはこちら)。最初に買ったペアをフロントLRに配し、今回購入した2ペア目は、サラウンドLRに配した。上の写真はサラウンドR。これのシリアルナンバーは「827」である。

20210830b_genelec1031a827back

シリアルナンバー「827」が手書きであるのがすごい。サラウンドLは「828」。フロントの2台はより新しいもののようで、手書きのシリアルナンバーはなく、シールを見る限りでは「102313」「102396」ではないかと思うのだが、定かではない。

バックパネルの様子は、フロントにある新しい1031Aとサラウンドにある古い1031Aでだいぶ違う。古い方の1031Aは、レベル調整を小さなプラスドライバーで行うようになっており、どこを指しているのかは判然としない。中間につないでいるBehringer MDX2000でレベルを合わせるので、おおむね真ん中あたり、にした。

これまでは、フロントが1031Aで、サラウンドLRはBehringer B3031Aであった。

1031Aの2ペア目を買おうかどうしようか考えた時に、フロントの1031AとサラウンドのB3031Aの聴き比べをした。Roland UA-S10の出力「A」でフロントの1031A、「PHONES」でサラウンドB3031Aが鳴るようにして、ボタンを押して切り替えて聴いた。大きく違うなぁ、という印象であった。B3031Aは音の減衰時に箱鳴りではないかと思わせる余韻があり、残響量が多く聞こえる。正直、これだとリバーブの量の加減がやりにくそうだなぁ、と思った。

1031AとB3031Aを置いた場所が異なるので、厳密な比較にはならないのだけれど、でもやっぱり、違う気がする。

サラウンドの音楽を聴くためには、やはり1031Aを4つ揃えたいということになり、2ペア目の1031Aを購入した。フロントの予備機という意味合いもある。

今、耳慣らしにかけているのは、冨田勲の「組曲『惑星』2003」、DVD-Audio。4.1チャンネルの音源だ。.1chのサブウーハーが別のもの(Dynaudio BM14S、購入記事はこちら)であるのは致し方ないが、4チャンネルは1031Aで揃えることができた。まともな音に近付いた気がする。

自分がまともなセッティングができているとは思わないけれど、でもまあ、いろいろやってみるしかないじゃんね。

H2

« 「パナソニック補聴器 耳年齢チェック」に挑む | トップページ | Behringer B3031AをRhodesの拡声に使う »

Genelec」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「パナソニック補聴器 耳年齢チェック」に挑む | トップページ | Behringer B3031AをRhodesの拡声に使う »

「シンセな日々」検索







ウェブページ