2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« RolandのD-05とSystem-1mを出してきた | トップページ | Yamaha YMM2を出してきた »

2021/10/26

Yamaha MOTIF-RACK XSで「5月31日(ショートバージョン)」

20211026a_yamahamotifrackxs

昨晩、MOTU MTPAVの下の1Uのスペースに何か入れようかと考えて、手が届きにくい位置なので、フルリモートでないときついよなぁ、と思い、ヤマハMOTIF-RACK XSではどうかと考えた。ドライバーソフトとエディターをインストールして、何とか動きそうだったので、ラックに入れた。

May 31th (Short Version)

5月に録音した「5月31日」という曲をMOTIF-RACK XSで弾いた。コルグMR-2000Sを回して手弾きしただけなので、修正はかけようがない。パソコンに入れて音量上げをした程度である。dbx Quantumも、今回はスルーにした。MOTIF-RACK XSの1番ピアノ「Full Concert Grand」は、弾くたびに「さすがヤマハ」と思う。今回録音したものを聞くと、若干ループが感じられるが、それでもやっぱり気持ちよくて、Vox Continental-73で弾くとなおさらである。「ツーン」と来る感じが素敵。

惜しいのは、今回のセッティングだと、MOTIF-RACK XSからローランドMX-1への接続がアンバランスアナログであることだ。MX-1との選択式にすればデジタル接続もできなくはないが、さてどうしたものか。

MOTIF-RACK XSエディターを使うと、パソコン画面で音色選択、編集ができる。字が小さいが、致し方ない。今回はこのソフトでMIDI信号をスルーさせて弾いた。

20211026b_motifrackxseditorvoicemodeonli

昨日がんばって接続機器を増やしたので、MIDI Matrixの画面が盛大になった。

20211026c_midimatrix

MTPAVのポートが8個、MX-1のポートが6個、MOTIF-RACK XSのポートが4個見える。D-05とSystem-1mとTR-8はMX-1経由なので、ここには見えない。MX-1の先に接続したものは、電源を後から入れても問題ない。MX-1は便利である。

MOTIF-RACK XSは、ヤマハ最後のDTM音源であると思う。ローランドだとINTEGRA-7がそうだ。パソコン上のエディターが、今後できるだけ長い間動いてくれるといいなぁ。

H2

« RolandのD-05とSystem-1mを出してきた | トップページ | Yamaha YMM2を出してきた »

Yamaha」カテゴリの記事

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RolandのD-05とSystem-1mを出してきた | トップページ | Yamaha YMM2を出してきた »

「シンセな日々」検索







ウェブページ