2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

« Yamaha MONTAGEで「1日の終わり」 | トップページ | Studio Electronics Boomstarの面白さ »

2021/11/30

Studio Electronics「Boomstar SE80」を購入

20211130b_studioelectronicsboomstarse80

米Studio Electronicsのアナログ・モノフォニック・シンセサイザー・モジュール「Boomstar SE80」を購入した。8万1000円(送料含む)。

金色が眩しい。minilogueの金色を持っているので、一度並べてみたい。

40755089SEM3003に続いてSE80を購入し、Boomstarは5台になった。Boomstarはmk2になって1399米ドルになり、価格が高過ぎて日本で販売されていないと思う。初代(mk1)の5種はこれで買いそろえたことになる。

5台に費やした金額は相当なもので、それを1台につぎ込めばもっと高額なシンセが買えたのに、と思わないでもない。同じものを5台買いそろえてポリに挑戦する、というのもやってみたかった気はするが、つまみをスイッチをいじるだけで消耗しそうなので、現実的ではないかもしれない。

では音を。

Two Oscillators No Reverb

オシレーター1の4度下(5度上の1オクターブ下)にオシレーター2を置いてフィルターエンベロープを入れて鳴らした。SE80はモノフォニックだが、少しポリシンセっぽくならないかと思って。MONTAGEの内蔵シーケンサーにMIDI録音したが、修正は加えていない。音符のほか、ピッチベンド、モジュレーションホイールによるビブラート、最後にはアフタータッチによるフィルターの開閉を加えた。

Two Oscillators With Hall Reverb

同じ演奏で、ローランドMX-1のホールリバーブを追加した。

1970年代に小学生だった私は、YMOのデビューアルバムを聞き、電波新聞社のシンセの本を買い、楽器店でカタログをもらってシンセについて学んでいた。未知との遭遇という映画に父と行ったことも覚えている。

超弩級のシンセとしては、Moogモジュラー、ARP 2500、Oberheim 8ボイスプログラマー付き、などがあった。一方で、コルグPSシリーズ、ローランドSYSTEM 700、ヤマハGX-1、CS-80といった、日本の超弩級シンセがあったことは、日本人として嬉しいことでもあった。それらは、実物を見たことはほとんどないし、触ったこともない。一度ヤマハのINNOVATION ROAD(シンセのコレクションはこちら)に行ってみたいものだ。

Boomstarのフィルターは、moog、ARP、Oberheim、ローランドTB-303、ヤマハCS-80を模したものである。CS-80のクローンは、ソフトはいくつかあるが、ハードはBlack Corporationの「Deckard's Dream」と、Boomstar SE80くらいしかないのではなかろうか。

開発元のStudio Electronicsは同社のWebサイトで、SE80を「Creamy, dreamy, multi-mode Yamaha CS-80」と表現している。SE80のフィルターは、ローパスとハイパスがあり、それぞれにカットオフとレゾナンスのつまみがある。ハイパスにレゾナンスのつまみがあるのは珍しくて、我が家のアナログシンセでは、MS-20 Kitだけがそうだったと思う(デジタルだとEX5がそうだったような気もする)。Boomstarシリーズの中では、唯一の機能である。

CS-80を入手することは一生ないだろう。SE80で憧れを少し満たすことにしよう。

H2

« Yamaha MONTAGEで「1日の終わり」 | トップページ | Studio Electronics Boomstarの面白さ »

Studio Electronics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Yamaha MONTAGEで「1日の終わり」 | トップページ | Studio Electronics Boomstarの面白さ »

「シンセな日々」検索







ウェブページ