2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« Sonar 8.5 x86でRoland TTS-1を鳴らす | トップページ | Roland Cloud JD-800 Software Synthesizerで「月食」 »

2021/11/19

VoltKitchen Group「Arppe2600va」などで「古き良きソフトシンセ」

20211119a_arppe2600vafilterswept

Sonar 8.5 x86でArppe2600va(上図)を弾いてみた。アーカイブを見ると、Readme.txtは2005年のタイムスタンプが、本体であるArppe2600va.dllは2009年のタイムスタンプが付いていた。10年以上前の、素晴らしいソフトシンセである。

このソフトシンセは、Plugin BoutiqueのVoltKitchen Groupのページで、現在でも料金を払うことなく入手できる。ただ、Windows版のみであるし、32ビット(x86)のDLLなので、64ビット(x64)のVSTホストでうまく動くかどうかは、試してみないとわからない。とりあえず私の環境では、x86のVSTインストゥルメント(VSTi)はx86のホストで、x64のVSTiはx64のホストで動かすことにしている。

では音を。

Dear Old Soft Synths

Arppe2600vaのプリセット「filter swept」を弾いてMIDI録音し、単体だとさみしいので、Session Drummer 3(下図)で伴奏を付けた。

20211119b_sessiondrummer3rockagroove01 

個別にRoland MX-1に出力してパンを振り、バランスを取り、MASTERINGボタンを押して音量を上げた。dbx Quantumではあまりいじっていない。クリップしていたので、後で考えると、リミットした方がよかったかもしれない。パソコンに取り込んでから音量上げをしたが、ちょっと小さめかもしれない。低域をもっと絞るべきだったかもしれない。音量を上げて再生していただけると嬉しい。

リバーブやディレイをかける必要がなかったのは、元々適度に響きが入ってるってことだよね。大したものだ。

世の中はけっこうソフトシンセに移行したんだろうなぁ。まあ私も、ぼちぼちソフトシンセも弾くですよ。

H2

 

« Sonar 8.5 x86でRoland TTS-1を鳴らす | トップページ | Roland Cloud JD-800 Software Synthesizerで「月食」 »

VoltKitchen Group」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Sonar 8.5 x86でRoland TTS-1を鳴らす | トップページ | Roland Cloud JD-800 Software Synthesizerで「月食」 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ