2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« Studiologic Sledgeで基本音色を作る(10個のm4aファイル、1個のsyxファイル) | トップページ | Sonicware ELZ_1を購入(10個のm4aファイル) »

2021/12/20

Yamaha MONTAGEとRoland TR-8で「低電圧」

20211220a_lowvoltagememo

上の譜面を見て、こんなもん曲かい、と思う方もいるだろう。でも、凝った音色の場合、上の譜面の程度の音符で十分である。いたずらにたくさんの音符を弾いても意味がない、と私は思う。

Low Voltage

ヤマハMONTAGEのプリセット「CirrocumulusClouds」を少し編集した音色で上の譜面を弾き、ローランドTR-8でほぼ4つ打ちのバスドラムと、ちょっぴりのスネアを追加した。

最初は、MONTAGEのアルペジエーターをどうやって止めるかの実験をしていた。MONTAGEは、ARP ON/OFFボタンを押しても、それによってコントロールチェンジが出ることはない。アルペジオを止めるのはどうやってやるんだろう、というのが以前からはっきりとはわからなかった。

結論としては、新たなシーンを用意し(空きがなければ既存のシーンのどれかを選び)、Arp MasterをOFFにして、それを選べばアルペジオが止まる。ということのようだ。シーン選択はコントロールチェンジとして出力される。

シーンでアルペジオを止めた場合、即座にピタッと止まるかというと、ディレイが鳴っていたりすることもあるので、それは止まらないこともある。それが自然な変化になることもあるように思う。

MONTAGEはとんでもなく深く、よくわからないシンセである。

H2

« Studiologic Sledgeで基本音色を作る(10個のm4aファイル、1個のsyxファイル) | トップページ | Sonicware ELZ_1を購入(10個のm4aファイル) »

Yamaha」カテゴリの記事

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Studiologic Sledgeで基本音色を作る(10個のm4aファイル、1個のsyxファイル) | トップページ | Sonicware ELZ_1を購入(10個のm4aファイル) »

「シンセな日々」検索








ウェブページ