2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« カワイ表参道でMP11SEを試奏 | トップページ | Dreamhound Studios「MIDI Keyboard」で「Androidスマホがやってきた」 »

2022/01/13

Androidスマホで音楽を楽しむ

Androidスマホを自分用に買うのは初めてで、ドキドキでアプリを入れてみたりしている。

USBケーブルでWindowsパソコンに接続し、SDカードにWAVファイルを入れ、foobar2000をインストールして聴いてみた。

20220113a_foobar2000onandroid

アルバム画像がないので殺風景だが、それはまあ気にしないことにする。スピーカー再生の場合はモノラルだが、arrows Weは上面にミニステレオフォンの出力端子があり、ヘッドホンを挿せばステレオで音楽を聴ける。

「android software synthesizer」などと検索してみてソフトシンセを探したが、iOS向けが盛んなようで、Androidは見付けにくい。最初に入れたのは「DRC」というソフトシンセだ。

20220113b_drc

画面上の鍵盤で音を出せる。音色編集のパラメーターがけっこうあるようで、音も悪くない。無料ではなく、1560円で「Unlock Synth Engine」を購入するまでは、時々停止する。数秒待てばまた使える。780円のオプションも6種あるようだ。

次にインストールしたのはRoland ZENBEATS(Zenbeats)のAndroid版だ。

 20220113c_rolandzenbeatsandroid

これについては、Roland Cloudのサブスクリプションを買っているので、少なくとも今はフル機能で使えるようだ。ダウンロードできるデータをすべてダウンロードしたところ、アプリ情報の欄に「2.86GB」と表示された。64GBの5%くらい使っていることになる。

Zenbeatsは面白そうだが、私の廉価スマホでは画面が狭く、コントロール類も小さく、指で押すのは難しい。Bluetoothでマウスを接続してみた。この方がマシな感じだが、マウスのポインターも小さいし字も小さいしで、老眼鏡の度をアップしなければならないレベルだ。

この後「Walk Band」も入れて、これも悪くない気はしたのだが、音色ごとに課金があったり容量を食いそうだったりしたので、アンインストールした。

小画面のスマホで打ち込みをするのは難しいかも。

H2

« カワイ表参道でMP11SEを試奏 | トップページ | Dreamhound Studios「MIDI Keyboard」で「Androidスマホがやってきた」 »

機材その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カワイ表参道でMP11SEを試奏 | トップページ | Dreamhound Studios「MIDI Keyboard」で「Androidスマホがやってきた」 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ