2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« Roland JUPITER-Xmで「鴨田の朝」 | トップページ | KORG wavestate nativeなどで「そよ風の呼び出し」 »

2022/04/15

Behringer X-Touch Oneの設定を試行錯誤

20220415c_cakewalkcontrolsurfacepreset

ベリンガーのコントロールサーフェス「X-Touch One」をCakewalkで使うことにして、その設定を試行錯誤している。

Cakewalkの側の設定は「Mackie Control」一択の気がする。X-Touch Oneの方は、「MC Std」「HUI Std」でも動くけれども、「MC user」にすると、ボタンのアサインを変更できるので、この方が、無駄になるボタンが少ない気がする。

MC Userにして、MARKERボタンをF7、NUDGEボタンをF8、CYCLEボタンをFOOT1、DROPボタンをFOOT2、REPLACEボタンをOffに設定した。こうすると、上の図のF7、F8、フットスイッチの1と2を利用できる。これで、REPLACEボタンを除き、ほぼ活用できるようになったのではないかと思う。

手になじむところまで使い続けられるといいなぁ。

H2

(2022/04/16追記)

20220416a_behringerxtouchonebuttonassign

昨晩、コピー用紙の裏紙を切ってセロテープでX-Touch Oneに貼り付け、割り当てた機能を書き込んだ。自分でも、どこがどれだったかわからなくなってしまうからだ。

Cakewalkのインスペクタ(左領域)とブラウザ(右領域)は、標準では表示されるのだが、それを最小化するのが面倒だと思っていた。ボタンで出したり引っ込めたりできると都合がよい。ピアノロールはよく使う編集画面。環境設定は、MIDIデバイスのオンオフを頻繁に変更するし、上書き(サウンドオンサウンド)とか同期とかの設定もするのでよく開く。現在のタイムで分割、クォンタイズもよく使う機能だ。

アンドゥとリドゥは、うまく弾けなかった際などによく使う。すべて選択と選択解除も、作業効率のアップに役立ちそうだ。ループのオンオフは正直あまり使わないのだが、標準でこうなっていたので、そのままにした。先頭(Return To Zero、RTZ)は、標準でこうなっており、頻繁に使う。

« Roland JUPITER-Xmで「鴨田の朝」 | トップページ | KORG wavestate nativeなどで「そよ風の呼び出し」 »

Behringer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland JUPITER-Xmで「鴨田の朝」 | トップページ | KORG wavestate nativeなどで「そよ風の呼び出し」 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ