2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« KORG nanoKONTROL2を購入 | トップページ | Roland JUPITER-Xmをバージョン3.00に更新 »

2022/05/05

Roland SRA-50を購入

20220505a_rolandsra50

ローランドのプリメインアンプ「SRA-50」を購入した。2500円+送料1100円。

「Roland SRA-5050を購入」という記事で、SRA-5050を買ったことを書いた。それがなかなかよかったので、安いものがあればもう1台欲しいかな、と思っていた。SRA-5050の先代に当たるSRA-50がほどほどの値段でオークションに出ており、動くとコメントされていたので買ってみた。

SRA-5050を外してSRA-50を置いた。ゴム足がなかったので防振パッドを4個入れた。すき間がないより良いだろう。Aurtatone 5Cを鳴らしながらこの記事を書いている。今のところ、問題なし。

SRA-50はたぶん2003年の製品。外形寸法は218×283×44mm。重量は4.2kg。定格出力は50W+50W(ステレオ、4Ω負荷)。周波数特性は10Hz~50kHz(+0/-1dB、1W/4Ω)。消費電力は84W(たぶん最大)。我が家にあるものは台湾製。

SRA-5050はたぶん2007年の製品。外形寸法は218×288×52mm(ゴム足含む)。重量は3.5kg。定格出力は35W×2(8Ω負荷、1kHz)、50W×2(4Ω負荷、1kHz)。周波数特性は10Hz~30kHz(+1/-1dB、1W/8Ω)。消費電力は29W(たぶん最大)。我が家にあるものは中国製。

SRA-5050のマニュアルの「主な特長」の欄には次のように記されている。

「デジタル・アンプの採用により、消費電力は従来の約40%を実現しました。低発熱により自然空冷方式で優れた耐久性、静粛性も実現しています」「フロント・パネルにXLR-3-31タイプ/TRS標準タイプのマイク入力端子を装備しています」。

SRA-50はアナログアンプで、SRA-5050はデジタル化することにより、最大消費電力が84Wから29Wに下がった。重量が4.2kgから3.5kgに軽減した(SRA-50を持った瞬間重いと感じた)。フロントのマイク入力端子をコンボ端子にすることでXLR端子の接続を可能にした。ただ、周波数特性の数値については、SRA-5050の方が上が低くなった。

オーラトーン5Cで聞いた感じでいうと、SRA-50の方が丸く柔らかい気はする。ただ、A/Bテストをしたら正解できないだろう。ハイの抜けもいいような気がするが、私がそんな高い周波数を聞けているとは思えない。

オーラトーン5Cを鳴らすアンプとして、SRA-50およびSRA-5050は好適であると思う。出力は十分。LINE2つまみは9時程度の位置で十分な音量だ。トーンコントロールが付いているのはやはり便利で、5Cの場合、BASSを若干(現在は13時程度)持ち上げることでふくよかさと広がりが増す。

PHONES端子にヘッドホンを挿すとスピーカーへの出力が止まるのも、良い工夫だと思う。私の今の接続だと、UA-S10側のPHONES端子を使うのでSRA-50のPHONES端子は使わないが、これとは別の形で配置することもあるだろうから、SRA-50/5050のPHONES端子は便利なものであろうと評価しておきたい。

ヤマハのMA2030(購入記事はこちら)はどうもうまく鳴らなくて、失敗した感が強い。それに比べると、SRA-50/5050はよく鳴ってくれて、ありがたい。

オーラトーン5Cは、低域が出ないスピーカーで、低域がない分だけ、中域のリバーブ成分がほんの少し強調される。それが、音楽ソースによっては良い音に聞こえる理由ではないだろうか。音楽を楽しむという観点であれば、Genelec 1031Aにさほど遜色ないと思う。

息子のパソコンは、LUXMAN L-430、ヤマハYST-SW800、NS-10Mをつないでいる。娘のパソコンは、Ego SystemsのCARDamp MK-IIをPCIスロットに入れ、ヤマハNS-M125(専用スタンド付き)をつないでいる(その2製品を自分の部屋で使っていた時の記事はこちら)。娘のパソコンは、Windows 11には対応しないので、数年後には何らかの変更を加えなければならないだろう。次のマザーボードはPCIスロットがないだろうから、CARDampは使えない。そうなると、MA2030、SRA-50/5050のどれかを使うことになるだろう。

1Uサイズ、2Uサイズのアンプを物色するときりがないので、SRA-50/5050で打ち止めとしたい。

H2

(2022/05/05追記)

机正面から放出されたSRA-5050は、机背面に配置された。

20220505b_rolandsra5050atbackside

こちらではRoland(Edirol)SD-90の出力を受け、Behringer B2030Pに信号を送っている。ヤマハMA2030よりは鳴らしやすいと思う。B2030Pを穴に入れているような状況なので低域がブーミーだが、LOWを10時程度まで絞ることで対処できそうだ。

« KORG nanoKONTROL2を購入 | トップページ | Roland JUPITER-Xmをバージョン3.00に更新 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG nanoKONTROL2を購入 | トップページ | Roland JUPITER-Xmをバージョン3.00に更新 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ