2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« Daichi Laboratory Synth1で自分の音を作る(m4aファイル6点、ZIPファイル1点) | トップページ | Novation Peakをバージョン2.0に更新 »

2022/05/21

K&M 26720をテーブルとして使う

20220521a_behringerxtouchoneonkm26720

先日購入したK&Mのスピーカースタンド「26720」を出してきて、小さなテーブルとして使い始めた。一つは上の写真だ。机左側のキーボードスタンドの左端に入れ、Behringerのコントローラー「X-Touch One」を置いた。これによって、キーボードスタンド2段目はJUPITER-Xmだけになったので、少しできたスペースに何か小物を置いてもよいし、JUPITER-Xmを片付けてもう少し大きな鍵盤を置くこともできる。

机右側のMacBookとMONTAGE 6を中心としたセットにも26720を導入した。

20220521b_dsiprophet12desktoponkm26720

26720の上にProphet 12 Desktopを置き、その後ろにラップトップスタンドを置いてClavia Nord Lead 4Rを置いた。

こちらは、これまではSC307の上にオープンラックを置いてNord Lead 4RとProphet 12 Desktopを入れていたのだが、MONTAGEを弾きながら手を伸ばすには遠く、少しでも近くに持ってこれないかということでこの配置にした。

Prophet 12 Desktopは、プリセットのカットオフ周波数が妙に低いものがある。それらをオーディションする際は、LPFのFrequencyつまみにすっと手が伸びるかどうかが、けっこう重要であることに気付いた。音色の編集をするにも、手が届く場所にあるかどうかは重要だ。

Prophet 12 Desktopは、これまであまり試してこなかった。弾きやすい場所に置いて、積極的に使いたい。

H2

« Daichi Laboratory Synth1で自分の音を作る(m4aファイル6点、ZIPファイル1点) | トップページ | Novation Peakをバージョン2.0に更新 »

K&M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Daichi Laboratory Synth1で自分の音を作る(m4aファイル6点、ZIPファイル1点) | トップページ | Novation Peakをバージョン2.0に更新 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ