2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« Ensoniq TS-12でAkai CDを鳴らす | トップページ | Ensoniq TS-12で自分の音を作る(m4aファイル5点、Syxファイル6点) »

2022/06/03

Ensoniq TS-12:外部サンプル再生設定を保存する方法があった

昨日の記事で、「以上のような経緯で、AKAI CD-ROMの音をTS-12で鳴らすことができることはわかった。ただ問題なのは、TS-12で施した調整を保存する術がないことだ」と書いたが、TS-12のマニュアルを読み返し、「SAMPLE-EDITS」というファイルで調整を保存できることがわかった。手順が面倒である。

(1)波形ディスクから外部サンプルを読み込む。

(2)通常ディスクに差し替える。

(3)通常ディスクにSAMPLE-EDITSファイルを保存する。

20220603a_ensoniqts12savesampleedits

これで保存はできた。次は読み込みである。

(1)通常ディスクからSAMPLE-EDITSファイルを読み込む。

20220603b_ensoniqts12loadsampleedits

(2)「INSERT SAMPLED-SOUND DISK ~ AND LOAD FILE ~」という表示が出るので、波形ディスクに差し替えて、OKボタンを押す。

(3)「USE BANK BUTTONS TO SELECT LOCATION」という表示が出るので、ロード先のバンクボタンを押す。

これで、Soundsボタンを押してモードを切り替えて、先ほど指定したバンクボタンを選び、音色名の下のボタンを押せば、弾けるはずである。

波形ディスクは一切書き込みはできないので、通常ディスクに情報を保存する、ということであろう。

では、AKAIのS1100 CD-ROMから読み込んだ「BRIGHT STR 1」をもう一度。

Ensoniq TS-12 "BRIGHTSTR1B"

TS-12の側で、フィルター1のカットオフを94に絞り、エンベロープ3でアタックとリリースを長くして、「27 HALL REVERB 1」をかけた。モジュレーションホイールとアフタータッチ(プレッシャー)でわずかにビブラートがかかるようにした。パソコンに取り込んでから、低域をカット気味にして音量上げをした。

これで、波形ディスク(多分1600KB)に収まる大きさのインストゥルメントであれば、TS-12に持っていって鳴らし、調整した結果を保存できることがわかった。マルチティンバーにできるかどうかはわからないが、そこまで追求しなくてもよいだろう。

EnsoniqのCD-ROMに入っているデータは、他社のサンプラーで鳴らした場合、「これが制作者の意図した音なのだろうか?」と悩みつつオーディションする必要があった。元に近い音で聞けるという意味で、TS-12は大切な存在だ。

ただ、Outputボタンを押すとハングアップするという挙動は相変わらずだ。

H2

« Ensoniq TS-12でAkai CDを鳴らす | トップページ | Ensoniq TS-12で自分の音を作る(m4aファイル5点、Syxファイル6点) »

Akai」カテゴリの記事

Ensoniq」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ensoniq TS-12でAkai CDを鳴らす | トップページ | Ensoniq TS-12で自分の音を作る(m4aファイル5点、Syxファイル6点) »

「シンセな日々」検索








ウェブページ