2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« Ensoniq TS-12の日本語マニュアル到着 | トップページ | Roland W-30にGoTek Floppy Emulatorを入れる(m4aファイル1点) »

2022/06/11

full bucket musicのソフトシンセ21種を試す(m4aファイル21点)

full bucket musicに、ソフトシンセ(など)がたくさんあるのを見付け、ダウンロードしてWindowsパソコンで鳴らしてみている。KORGの昔の機種を真似たものがたくさんあり、当時買えなかった、触れなかったと思うと、今、似たようなものが手に入るのが嬉しくて仕方がない。full bucketオリジナルのものもあり、それらも出来が良い。

以下、21種を、ほぼアルファベット順に紹介する。画像があって、次に音という順番にした。

20220611a_blooobreadandbutter

the blooo "Bread & Butter"

パンとバターのようにありふれているが、生活に欠かせないもの、という意味の音色だろう。普通にいい音である。操作パネルを見る限りは、2オシレーター、2フィルター、3エンベロープ、3LFOの普通の減算型シンセだ。

20220611b_bucketpops00_classic1

Bucket Pops "00 Classic1"~"04 Kimper Klonk"

コルグのいにしえのリズムボックス「Mini Pops 7」をモデルとして作成したらしい。高校入学祝いに買ってもらったヤマハのエレクトーン「D-30」(中古)の音を思い出させる。それ以上の使い方もありそうだ。

20220611c_deputyfatstrings 

The Deputy Mark II "Fat Strings"

操作パネルを見る限りでは、モノとポリの2ブロックがあり、アンサンブルとフェイザーがある。この音色ではポリのみを使っている。パラメーターが簡略になっており、それが特徴かもしれない。

20220611d_fb3100_thenewstandard

FB-3100 "The New Standard"

KORG PS-3100ですよ。3100。最初のフレーズは切って弾き、2回目は左手を伸ばした。右手の音のエンベロープがリトリガーされていないので、パラフォニックになっているのだろう。3100、3200、3300のすべてが作られているのが素晴らしい。3製品が掲載されたカタログを見て憧れていたけれど、試奏したことは一度もない。

20220611e_fb3200dreamscape

FB-3200 "Dreamscape"

こちらはコルグPS-3200のソフトシンセ。PS-3200は本体と鍵盤が別になり、オシレーターが2個になり、音色メモリー機構があった。こういう柔らかい音には、やられちゃうんですよ。

20220611f_fb3300wavesofsin

FB-3300 "Waves of Sin"

コルグPS-3300のソフトシンセ。オシレーター→フィルター→アンプのセットが3個ある化け物パラフォニックシンセ。シャーっという感じのこの音も、PS-3300っぽいのかもしれない。妙に複雑だし。

20220611g_fb7999brassdelay

FB-7999 "BRASS DELAY"

コルグDW-6000/8000のソフトシンセ。DW-8000は鍵盤がアフタータッチ付きでディレイを内蔵していた。FB-7999には「DW-6000 MODE」というボタンがあり、それを押すといくつかのパラメーターが無効になるのがわかる。この音色はDW-8000モードで、ディレイがきつく、アフタータッチに大きく反応する。

20220611h_fbvcvc10standardwithgutenmorge

FBVC(Full Bucket Vocoder) "VC-10 Standard" with "Guten Morgen.wav"

コルグのボコーダー「VC-10」のソフトシンセ。Joe ZawinulがVC-10を使っていたなぁ。私自身はマイクに声を入れながら鍵盤を弾く自信がなく、ボコーダーは敬遠してきた。このFBVCは、しゃべりのWAVファイルを与えると、鍵盤を弾くだけでそれを使ってくれる。素晴らしい。

20220611i_fury800strings

FURY-800 "STRINGS"

コルグPOLY-800のソフトシンセ。POLY-800IIはディレイが付いていたが、初代POLY-800のエフェクターはコーラスのみである。この「STRINGS」という音色は特に面白みがないが、プリセットを後に進めばもっと面白いのではないだろうか。

20220611j_kernsyncheaven

KERN "Sync Heaven"

これはFull Bucketのオリジナルシンセ。パラメーターを簡略化しているが、「Switch View」を押すと他のパラメーターが出てくる。そこから元の画面に戻るには「OPTIONS」を押して「Switch View」を選ぶ(たぶん)。

20220611k_modulairfatpolysynth

ModulAir "Fat Polysynth"

Full Bucketオリジナルのソフトウエア・モジュラーシンセ。音色を一つ聞いただけでは実力はわからない。たぶんすごいのだろう。

20220611l_monofuryrezobass

Mono/Fury "Rezo Bass"

コルグMono/Polyのソフトシンセ。KORG Collection Mono/Polyより、私の想像のモノポリーに近い気がする。エフェクトがないのがいいのかもしれない。

20220611m_mpsicepalace

Musical Parameter Synth(MPS) "Ice Palace"

Full Bucketオリジナルの、パラメーターを絞り込んだシンセ。プリセットの最初にあったこの音色はとても美しい。他にはどんな音が入っているんだろうか。

20220611n_nablaglassicrezocombi

NABLA "Classic Rezo Combi"

コルグの廉価版アンサンブルマシン「デルタ」のソフトシンセ。デルタはシンセサイザー、ストリングスという2セクションから成るストリングスマシンであったが、エフェクターは付いていなかったように思う。NABLAはフェイザーとディレイが付いている。デルタはオークション等で時々見かけるが、MIDI以前の機器なので、手弾き能力が不十分な私としては買いにくい。

20220611p_qyoootangd

The Qyooo "Tang-D"

Full Bucketオリジナルシンセの一つ。複雑なフィルター、「シーンモーフィング」のパッドが特徴ではなかろうかと思う。よくわからない。

20220611q_ragnarokragnarok

Ragnarök "Ragnarok"

パネルを見る限りでは、16個並んだオシレーターのボタン、スタティックな7バンドのイコライザーが特徴のように思われる。

20220611r_scroooouterspace

The Scrooo "Outer Sphere"

操作パネルを見る限りでは、3つのフォルマントフィルターが特徴ではないかと思う。プリセットの最初にあるこの音も、不思議ちゃんである。

20220611s_sequecair8bitstyle

SequencAir "00 8 Bit Style"~"04 Sample & Hold"

音源内蔵のシーケンサー。上の画面はEXE版だが、プラグイン版もある。ステップシーケンサーというものはうまく使えたことがないのだが、勉強すべきだろうか。

20220611t_stigmafasstigma

Stigma "Fat Stigma"

コルグ「シグマ」のソフトシンセ。シグマも弾いたことないなぁ。これもカタログを見て憧れたなぁ。

20220611u_tricentmk3fatmonster

TRICENT MkIII "Fat Monster"

 コルグ「トライデント(TRIDENT)」のソフトシンセ。TRIDENTはシンセセクションのオシレーターが1個の「マークワン」、2個になった「マークツー」があり、日本で販売されたのはマークワンだけであったと思う。Joe Zawinulがライブで使っていた写真を見て憧れた。西武百貨店の売り場に置かれていたのを見た記憶があるが、試奏はしなかったんだろうか。50万円超で恐れ多かったのかもしれない。

20220611v_whispairpadtexture

WhispAir "Texture"

 パネルを見る限り、シェイプを変えられる3つのデジタルオシレーターが特徴のようだ。

これだけあると、お腹いっぱいな感じである。作った人はすごいと思う。

ソフトシンセがこれだけあると、ハードシンセ不要論が出てくるのも、まあそうかなと思う。

H2

« Ensoniq TS-12の日本語マニュアル到着 | トップページ | Roland W-30にGoTek Floppy Emulatorを入れる(m4aファイル1点) »

Full Bucket Music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ensoniq TS-12の日本語マニュアル到着 | トップページ | Roland W-30にGoTek Floppy Emulatorを入れる(m4aファイル1点) »

「シンセな日々」検索








ウェブページ