2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« Roland S-760にFDで音を注入 | トップページ | Roland AIRA DEMORAを購入 »

2022/06/23

Ensoniq TS-12の上にDexibell VIVO SX7を置く

20220623a_dexibellvivosx7onensoniqts12

エンソニックTS-12を机左側のメイン鍵盤にしているのだが、いかんせん、ピアノの音は昔のものである。ヤマハMOTIF-RACK XSがあるからそれで、と思ってきたが、手を伸ばして音色を変えるのは難しく、リモコンソフトを起動するのも面倒だったりして、満足できる状況とは言えなかった。

そんなわけで、DexibellのVIVO SX7を出してきて、TS-12の上面右端に置いた。大きさはほぼぴったりである。

音はこんな感じ。

VIVO Grand

1番最初に出てくるピアノ。リバーブを切り、イコライザーで低域を少しカットした。左手でオクターブの交互連打をしようとしたが、うまくいかなかった。お恥ずかしい。

VIVO SX7にデジタル出力はないが、XLR端子のバランス出力はある。今回は、バランス出力からEventide Eclipseに送り、そこからdbx Quantum→MR-2000Sはデジタル接続。ノイズはまあまあ抑えられた。

VIVO SX7には、ダンパーペダルとエクスプレッションペダルの端子がある。ダンパーペダル端子にローランドDP-10,エクスプレッションペダル端子にローランドEV-5(のOEM供給品)を接続した。MIDIデータをパソコンに送ってくれなくて焦ったが、設定したら出てきた。

下の図は、ダンパーペダルをゆっくり踏み込み、すっと戻した時のデータである。

20220623b_dexibellvivosx7continuousdampe

まあまあきれいに出たと思う。最初は、DP-10のスイッチの設定を誤っていてもっと飛び飛びだったが、ちゃんと設定したらまともになった。

VIVO SX7は約2GBの波形メモリーを持ち、そこに波形をセットして利用する。今は標準設定にしていて、ピアノはたぶん「EXP_German_Grand.dxs」という約275MBのファイルで提供されているものだと思う。VIVO SX7のピアノは他にもいくつかあり、サイズの大きいものもあるので、試してみてもよいかもしれない。

これまで、我が家で良いピアノ音が出る機材というと、Nord Stage 3 HP76、Nord Stage EX HA76、MONTAGE 6がトップだなと思っていて、VIVO SX7はそれに一歩譲るかなと思っていた。でも、TS-12で弾くと、そんなに遜色ないかもしれないという気持ちになってきた。しばらく弾いてみようか。

DexibellのWebサイトを見に行って、VIVO SX7の後継「VIVO SX8」が出ていることに気付いた。CPUパワーを増し、波形メモリーの容量が2倍の4GBになったらしい。日本で販売されるのかしら?

H2

« Roland S-760にFDで音を注入 | トップページ | Roland AIRA DEMORAを購入 »

Dexibell」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland S-760にFDで音を注入 | トップページ | Roland AIRA DEMORAを購入 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ