2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« Ensoniq TS-12の上にDexibell VIVO SX7を置く | トップページ | Roland DEMORAを更新してシンセにする »

2022/06/23

Roland AIRA DEMORAを購入

20220623c_rolanddemora

ローランドのディレイ「DEMORA」を購入した。2万4500円+送料657円。

これは以前から欲しいと思っていた機材で、価格がこなれたものがなかなか出てこず、買えずにきていた。新品の売価が4万円程度であったことを考えると、中古ではもう少し安くあってほしかったのだが、致し方ない。

ローランドのディレイ、というのはけっこう珍しい。BOSSのディレイはたくさんあるけれども。DEMORAの背面には「MADE IN JAPAN」と刻まれており、このごろのローランドとしては、日本製は珍しいと思う。

DEMORAが欲しかった理由の一つは、MX-1のアナログ入力が6チャンネル分しかなくて足りないことだ。DEMORAを使えば、アナログ入力を2個増やせるのではないかと考えた。予想通り、DEMORAにアナログ信号を入力して、それをUSB経由でMX-1に入れることができた。DCオフセットが出ていたのが残念だが、まあそれは気にしないという方法もあろう。

MX-1のUSB3ポートに挿せば給電できるかと思ったが、それはできなかった。ACアダプター必須のようだ。

では音を一つ。

Ensoniq TS-12 "SAW1AUX" thru Roland DEMORA

エンソニックTS-12のAUX出力からDEMORAに信号を送って演奏した。前半は、DEMORAのWIDTHつまみを左に振り切った状態だ。これだとモノディレイになるのかと思うが、完全にモノとは言えないような気もする。後半はWIDTHつまみを9時方向にして広げた。このWIDTHつまみはとても面白いと思う。

96kHz動作の2チャンネルディレイ、と言えばBOSS DD-500、Strymon Timelineなんかも似ているかもしれない。それらも欲しくないことはないのだが、まずはDEMORAかなと思う。CVを入れられるのは面白いし、カスタマイザーも、もしかしたら試せるかもしれない。

H2

« Ensoniq TS-12の上にDexibell VIVO SX7を置く | トップページ | Roland DEMORAを更新してシンセにする »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ensoniq TS-12の上にDexibell VIVO SX7を置く | トップページ | Roland DEMORAを更新してシンセにする »

「シンセな日々」検索








ウェブページ