2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« E-mu E5000 Ultraで「E5000がやってきた」 | トップページ | RolandのMC-707を1.80に、TR-8Sを2.50に更新 »

2022/10/02

Morson Japan「Pocket MIDI」を使い始めた

20221002a_pocketmidionwindows

モアソンジャパンの「Pocket MIDI」というソフトを見付け、使い始めた。上がWindows版で、下の写真がMac版。

20221002b_pocketmidionmac

他に、iOS版もあるらしい。

USB MIDIが一般化したので、コンピューターの中でMIDI情報のルーティングをすることが増えた。本格的にはDAW(Digital Audio Workstation)ソフト、具体的にはCakewalkとかSonarとかLogic Proとか、を使えばよいのだが、そこまで大げさなことをしたくないことも多い。

これまでWindows上では「MIDI Matrix(MidiTrix)」を使ってきた。これはこれで悪くないのだが、何か他にないかなぁ、と探していて見付けたのがPocket MIDIだ。

Pocket MIDIは、2入力2出力をオープンでき、入力から出力へMIDI情報をスルーできる。上の画面の左側の子ウィンドウ「MIDI Settings」で設定する。この程度の入出力数で、私の場合十分ではないかと思う。

上画面の右側に開いている「MIDI In Monitor」では、どんな情報が入力されてくるかを確認できる。Windows版では「Details」の表示を設定しているが、Mac版にその設定はないようだ。MacではMIDI入力にヤマハMONTAGEをつないでいたのだが、アクティブ・センシング(16進数でいうと「FE」)が常時表示されてうるさかったので、それはフィルターで切った。

Pocket MIDIは他にも多くの機能を持つ。けっこうな優れものではないかと期待している。

H2

« E-mu E5000 Ultraで「E5000がやってきた」 | トップページ | RolandのMC-707を1.80に、TR-8Sを2.50に更新 »

Morson Japan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« E-mu E5000 Ultraで「E5000がやってきた」 | トップページ | RolandのMC-707を1.80に、TR-8Sを2.50に更新 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ