2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« Sonicware LIVEN Bass & Beatsを購入 | トップページ | Roland SYSTEM-1mとDEMORAでモジュラー入門 »

2022/11/15

Clavia Nord Stage 3をRoland TORCIDOに通す

20221115a_rolandairamodulars

机左側のキーボードスタンドはこれまでEnsoniq TS-12が中心となっていたのだが、ふと思い立ってNord Stage 3 HP76に変えた。

オーディションで、Studiologicのnuma compact 2が出てたわけですよ。で、あー、これだとアフタータッチがあるのかなぁ、TS-12の古い鍵盤よりいいかなぁ、などと、一瞬考えてしまった。そんなこと考えるなら、Nord Stage出してこいよ、ということになったのだった。

TS-12は上面に物を置きやすいので、Behringer X-Touch One、Roland DEMORA、Roland D-05を置いていた。Nord Stage 3は上面に空きがないので、それらをキーボードスタンドの2階に置かざるを得ない。何を置こうか考えたのだが、今回は思い切って、手持ちのRoland AIRA Modurar 3製品(BITRAZER、TORCIDO、DEMORA)を並べてみた(上の写真)。

BITRAZER、TORCIDO、DEMORAは、中古で購入して、ACアダプターが付いてきたのはDEMORAだけだった。そのため、TB-3とSYSTEM-1mのACアダプターを流用した。床にACアダプターがごろごろ転がっている。

どの音をどれに通すかはまだまだ未知数なのだが、やってみてちょっと面白かったのは、Nord Stage 3のサブ出力をTORCIDOにつないで歪ませた様子である。

Nord Stage 3 "Royal Grand 3D" with TORCIDO Off & On

エフェクト有りで手弾きでCakewalkに録音し、それを再生してエフェクトなしとエフェクト有りを録音した。今回はけっこう派手にかけたので歪みがはっきり聞こえるが、もう少し控え目にすると、チューブっぽい味を付加できるかもしれない。

一時期、PCMシンセに真空管エフェクターで歪みを付加する実験をしていたが、TORCIDOでも似たような効果を得られるかも。

H2

« Sonicware LIVEN Bass & Beatsを購入 | トップページ | Roland SYSTEM-1mとDEMORAでモジュラー入門 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

Clavia Nord」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Sonicware LIVEN Bass & Beatsを購入 | トップページ | Roland SYSTEM-1mとDEMORAでモジュラー入門 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ