2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« Novationのソフトシンセ「B-Station」「V-Station」を試す | トップページ | DISTRHO Cardinalをインストール »

2022/11/03

「VCV Rack 2 Free」をインストール

20221103a_vcvrackfree

VCV Rackというソフトウエアのモジュラーシンセをインストールした。現行バージョンは「Rack 2」で、無料の「Free」と、149ドルの「Pro」がある。今回試したのはFreeの方だ。

Freeは、スタンドアロンでは動くが、VSTがない。そのため、DAW(Digiral Audio Workstation)で呼び出すことができない。Freeを起動して、MIDIキーボードで弾くことはできる。でも、DAWでVCV Rack Freeにノート信号を送るのは、工夫しなければならない。

それができるかどうかを試した。MOTIF-RACK XSのMIDI INとOUTをMIDIケーブルでつなぎ、VCV Rack FreeがMOTIF RACK XSのポート3からのデータを受けるようにした。VCV Rackのオーディオ出力先はUA-S10にした。DAWは、オーディオインタフェースとしてMX-1を使い、そこからMOTIF-RACK XSポート3にMIDIを出力するようにした。UA-S10の出力と、MX-1の出力をEventide Eclipseで混ぜた。

そんなことをして、最初に起動した時の音を演奏して録音したのが下だ。

VCV Rack 2 Free Default Patch

起動して最初に存在したパッチを演奏したもの。太さがあって、いい音だと思う。モジュレーションホイールはオーバーダビングした。

VCV Rack 2で他の人が作ったパッチを読み込ませてみようかと思うが、必要なモジュールがあったりなかったりするのかも、と思うと、びびったりする。さてどうしたものか。

H2

« Novationのソフトシンセ「B-Station」「V-Station」を試す | トップページ | DISTRHO Cardinalをインストール »

VCV Rack」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Novationのソフトシンセ「B-Station」「V-Station」を試す | トップページ | DISTRHO Cardinalをインストール »

「シンセな日々」検索








ウェブページ