2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

« Pharmasonic SYS-100 101にアルミ箔とボール紙を挿入 | トップページ | Tiptop Audio「Zeus Boost Adapter」を購入 »

2023/05/23

Yamaha MOTIF-RACK XSで「3オクターブ」

20230523a_3octavesmemo

メインのWindowsパソコンにつないでいる机左側の機材にはこれまでRoland INTEGRA-7があったのだが、それを外して、ヤマハMOTIF-RACK XSとLexicon PCM 91を入れた。ローランドMX-1のセンドリターンにPCM 91を入れたかったからだ。MOTIF-RACK XSのみを弾くのであれば、デジタルで録音できる経路を作りたいなー、と配線し、その経路のテストをしていて1曲。

3 Octaves

MOTIF-RACK XSの1番音色「Full Concert Grand」独奏。内蔵のリバーブを切り、PCM 91「P0 0.0 Deep Blue」をかけた。Arturia KEYSTEP 37で弾いており、その3オクターブの鍵盤の範囲内でまとめてしまえ、と思った。

Cakewalkのメトロノームを鳴らしてMIDI録音。一度で録り切ったが、途中でびびって指が震えた。KEYSTEP 37でベロシティを弾き分けるのは私には難しく、妙ちくりんにベロシティが低くなった音がたくさんあるが、あまり直さなかった。リタルダンドの部分を除き、8分音符でクォンタイズした。

MOTIF-RACK XSの一番ピアノの音色はあまり好きではないが、それでも、一度は使ってもいいかと思った。

INTEGRA-7とMOTIF-RACK XSを比べると、MOTIF-RACK XSの方がリバーブの質がよい(今回は使っていないけれど)。MOTIF-RACK XSには「ボイスモード」があり、1個の音色を整えられた形でオーディションできるのもよい。アルペジエーターの質もよい。INTEGRA-7を使いこなすのは、私にとってはまだまだ難しい。

H2

« Pharmasonic SYS-100 101にアルミ箔とボール紙を挿入 | トップページ | Tiptop Audio「Zeus Boost Adapter」を購入 »

Yamaha」カテゴリの記事

Lexicon」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Pharmasonic SYS-100 101にアルミ箔とボール紙を挿入 | トップページ | Tiptop Audio「Zeus Boost Adapter」を購入 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ