2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

カテゴリー「Art」の3件の記事

2020/11/27

機材をやりくりしてアンバランスの長いケーブルをやめる

久々にWindowsパソコンで5.1chの再生を試みた。foovar2000とUA-S10の設定はまあ何とかなって音が出たのだが、サラウンドのBehringer B3031Aから「サー」というノイズが出ているのがどうにも気になり始めた。

そもそも、UA-S10はかろうじて6チャンネルの出力を持つのだが、その際はLINE OUT A、LINE OUT B、PHONESという3ペアの出力をすべて使わなければならない。PHONESはアンバランス出力である。そのアンバランス出力を、長いケーブルでサラウンドのB3031Aへ引っ張っており、その途中でノイズが入っている気がしてきた。

センターのGenelec 1029AとLFEのDynaudio BM14Sは距離が短いのでそちらをアンバランス接続にしようかと考えた。1029Aはできるが、BM14Sは入力端子がXLRなので、PHONESからそこへ接続するとなると、ケーブルを作らなければならない(おそらく)。それも面倒なので、他に何か方策がないか考えた。

で、やってみたのは、ダイレクトボックスとマイクプリアンプを使ってアンバランスケーブルを少しでも短くしよう、という試みである。

UA-S10のPHONES出力からTRS→TS×2のケーブル(インサーションケーブル)で出す。なるべく短いものを選んだが、1mくらいはある。

20201127b_rolanduas10outputs5_1ch

それをBehringerの「ULTRA-DI DI20」に入れる。

20201127c_behringerdi20

DI20からはバランスのマイクケーブルで出す。それをARTのマイクプリアンプ「DPSII」で受ける。

20201127d_artdps2

DPSIIの出力をB3031Aにつなぐ。ここもバランスだ。

最初はUA-S10コントロールパネルの音量調整をすべてマイナス30dBにしたが、それだとやはりサラウンドのB3031Aからのノイズが気になる。PHONES出力をマイナス10dBにして(20dB上げて)その分DPSIIでゲインを落としたら、ノイズがまあまあのレベルになった。

今、サラウンドソースのリスニングをしながらこの記事を書いている。これでうまくいくといいなぁ。

将来はFM-186を使ってサラウンド接続をすることも考えている。そうすればFM-186にOppo BDP-103を接続してディスクを楽に聴けるようになる。ただ、それをやるとなると、AVアンプVSA-919AHを今の一等地から動かす必要があるかもしれない。うーむ。

H2

2019/09/11

ART DPSIIを出してきた

20190911a_mainrackincludsartdps2

机右手の再編を始めた。今回のキモは、ARTのプリアンプ「DPSII」を出してきたことである。

これまで机右手の録音経路は、FM-186→MDX2000→Urei model 546→MR-2000Sであった。このところ気になっていたのは、Digitone Keysを録音する際にノイジーなことで、もうちょい経路を簡単にしないとノイズの出どころがわからんなー、と思っていた。あと、上の経路は、アナログ接続で1ビット録音もできるように、というものであるのだが、実際には96kHz24bitのPCMでばかり録音しており、だったらアナログにする必要ないじゃん、とも思った。Urei model 546のつまみをいじる気になれないというのも、どうも納得できないものがあった。左右を個別にいじるのが、面倒なのである。

で、経路としては、FM-186→DPSII→dbx QUANTUM→MR-2000Sをメインとした。1ビット録音の経路も、FM-186→DPSII→MR-2000Sという形で、一応残してある。

DPSIIは複数の出力があるので、アンバランス出力をGenelec 1029A、XLR出力をMR-2000S、S/PDIF出力をdbx QUANTUMにつないだ。こここでパラレルにすることで、これまでGenelec 1029Aへの出力に使っていたFM-186の出力5と6が空いたので、そこもエフェクトセンドに使うことにした。MF Delay、MF-108M、Eclipse、SPX2000にモノセンドできるようにしている。現時点で、接続しているシンセはDigitone Keysのみだ。

では音を一つ。

Digitone Keys B:151 BELLARPS ZB with MF-108M

MF-108Mのコーラスをセンドリターンでかけている。コーラスをかけると音が飛び出てくるという、Sound Canvasを彷彿とさせる効果が得られる。手弾きなので、テンポがずれているのはご容赦。

MF-104Zは、ディレイ音が小さくなってしまった。壊れたかも。販売店で買ったものなので、電話して相談して、送ってみた。直るといいのだが…。

H2

 

2018/02/07

ARTのプリアンプ「DPSII」を購入

20180207a_artdps2

ART(Applied Research and Technology)のプリアンプ「DPS(Digital Preamp System)II」を購入した。9800円+送料1261円。

Studiologic Sledgeをつないで試したので、その音を一つ。

017 BRASS 01 thru ART DPSII


「20180207a_017Brass01ThruArtDps2.mp3」をダウンロード

正直、まだ操作がよくわかっていないので、音を作るところまでは遠い。とりあえず鳴った、というだけ。Sledgeのきつい音が、少しやわらいだかもしれない。

この位置にはこれまでTL AudioのPA-2001がいたのだが、何かと不満もあった。シンセを直結できず、ダイレクトボックスを通さねばならない。それが床に転がっているのが、あまり気分がよくない。使わない時にも転がっているのが邪魔に感じられる。そんなわけで、ラック前面の入力端子にシンセを直結できる機材がないかなあ、と思ったのだ。これなら、MTP AVの前面MIDI端子と合わせて、シンセを置いた時の配線が楽にできる。

DPSIIを設置するために、クロックジェネレータからのクロック線と、S/PDIF出力をADI-8 DDに送る線を用意しておいて、それをつないだのだが、どうもうまくない。いろいろすったもんだしたあげく、DPSIIの出力をFireface 800のS/PDIF入力につないだ。安定しなかったクロックは、線を別のものにしたらよくなった。やれやれ。

機材集めもほどほどにしないとなあ。

H2


その他のカテゴリー

Abelton Access Music Adam Szabo Akai AKG Alesis Analog Mania Aphex Apple Applied Acoustics Systems AQ Interactive Art Art Nouveau Arturia ASUSTeK Computer Audio-Technica Auratone BandLab Behringer BenQ Buffalo Cakewalk Canare Casio CFA-Sound Cherry Audio Classic Pro Clavia Nord Daiso Dave Smith Instruments/Sequential dbx Dexibell DirtBoxSynth Dynaudio E-mu East West Ego Systems Elektron Ensoniq Epson EVE Audio Eventide Fazioli Fender Ferrofish Fostex Fujitsu Gakken Garritan Genelec Green House Guyatone Hammond/Suzuki HammondEggsMusic Hermann Seib Honda HxC2001 InterM iodata iZotope K&M K-Sounds Kawai Keith McMillen Instruments Kenton Kikutani Korg KTM Kurzweil Lexicon Logicool Logitec Lucid Luxman Mackie Mark Of The Unicorn MASS-Kobo Moog Mutable Instruments Newfangled Audio Novation Oberheim/Marion Systems OnStageStands Open MIDI Project Panasonic Peavey PFU Philips Pioneer Plogue Ploytec Plugin Boutique Premier Sound Factory ProCable Prosonus Radikal Technologies Realtek Semiconductor Reason Studio Red Sound Reon rgcAudio RME Audio Roger Linn Design Roland/BOSS Roll-log Sounds Rybo Sonic Foundry Sony Sound Quest SoundCloud Soundsphere Steinberg Studio Electronics Studiologic SubtleSoft Suzuki Synthogy tc electronic Teac/TASCAM TL Audio ULTIMATE Urei UVI Viborg Audio Vocaloid Voce Waldorf Yamaha YEData Zoom お知らせ アメリカン電機 エフェクター オーディオ サンプリングCD スター電器製造 パソコン・インターネット ピアノ 嘘なし減量法 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 機材その他

「シンセな日々」検索







ウェブページ