2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー「Behringer」の36件の記事

2020/11/27

機材をやりくりしてアンバランスの長いケーブルをやめる

久々にWindowsパソコンで5.1chの再生を試みた。foovar2000とUA-S10の設定はまあ何とかなって音が出たのだが、サラウンドのBehringer B3031Aから「サー」というノイズが出ているのがどうにも気になり始めた。

そもそも、UA-S10はかろうじて6チャンネルの出力を持つのだが、その際はLINE OUT A、LINE OUT B、PHONESという3ペアの出力をすべて使わなければならない。PHONESはアンバランス出力である。そのアンバランス出力を、長いケーブルでサラウンドのB3031Aへ引っ張っており、その途中でノイズが入っている気がしてきた。

センターのGenelec 1029AとLFEのDynaudio BM14Sは距離が短いのでそちらをアンバランス接続にしようかと考えた。1029Aはできるが、BM14Sは入力端子がXLRなので、PHONESからそこへ接続するとなると、ケーブルを作らなければならない(おそらく)。それも面倒なので、他に何か方策がないか考えた。

で、やってみたのは、ダイレクトボックスとマイクプリアンプを使ってアンバランスケーブルを少しでも短くしよう、という試みである。

UA-S10のPHONES出力からTRS→TS×2のケーブル(インサーションケーブル)で出す。なるべく短いものを選んだが、1mくらいはある。

20201127b_rolanduas10outputs5_1ch

それをBehringerの「ULTRA-DI DI20」に入れる。

20201127c_behringerdi20

DI20からはバランスのマイクケーブルで出す。それをARTのマイクプリアンプ「DPSII」で受ける。

20201127d_artdps2

DPSIIの出力をB3031Aにつなぐ。ここもバランスだ。

最初はUA-S10コントロールパネルの音量調整をすべてマイナス30dBにしたが、それだとやはりサラウンドのB3031Aからのノイズが気になる。PHONES出力をマイナス10dBにして(20dB上げて)その分DPSIIでゲインを落としたら、ノイズがまあまあのレベルになった。

今、サラウンドソースのリスニングをしながらこの記事を書いている。これでうまくいくといいなぁ。

将来はFM-186を使ってサラウンド接続をすることも考えている。そうすればFM-186にOppo BDP-103を接続してディスクを楽に聴けるようになる。ただ、それをやるとなると、AVアンプVSA-919AHを今の一等地から動かす必要があるかもしれない。うーむ。

H2

2020/09/21

Rhodes mk2にヤマハFX500Bを接続

20200921a_rhodesmk2withyamahafx500b_behr

Fender Rhodes mk2の上には、2019年9月時点(記事はこちら)では、TL AudioのO-2031とローランドSDE-330、モニタースピーカーとしてはBehringerのC50Aが乗っていた。その後、サラウンドの実験をしてスピーカーが足りなくなってC50Aを書斎に移したため、Rhodesは弾ける状態になっていなかった。

本日ふと思い立って、C50Aを離れのRhodesの上に戻し、エフェクターはヤマハFX500Bのみにした。

FX500Bは1990年代初頭に、私が初めて購入したデジタルエフェクターである。中古で2万円だったと思う。エフェクターを搭載していないDX7につなぎ、プログラムチェンジでエフェクトの設定を変えられて嬉しかった。

FX500Bは、コンプレッサー→オーバードライブ→EQ→モジュレーション→リバーブまたはディレイを内蔵している。モジュレーションとリバーブ/ディレイは逆にもできる。ボタンの配置がよくできていて、各エフェクトのオンオフ、パラメーター設定、ストアがストレスなくできる。背面に出力レベルを切り替えるスイッチがあり、マイナス20dBとマイナス10dBのいずれかを選べる。マイナス10dBでうまく鳴ってくれて、なかなかいい組み合わせだと思った。

C50Aは音のリリースでブツブツ言う癖があり、正直、使えないケースが多いスピーカーだと思う。でも、シンセやローズを鳴らすと、それが気にならないこともある。

ローズピアノは、アコースティックピアノがない場所でもピアノ付き音楽を演奏できるように作られた楽器だ。アコピ用の譜面をそのまま弾いて、バランス的にはさほど問題がない、というのはすごいことだと思う。音色はまったく違うのだが、一応、音楽になる。大したものだ。

一度メンテナンスを依頼するといいのかなぁ。

H2

2020/08/12

Behringer ULTRA-DI DI20を出してきた

20200812e_behringerultradi_di20

ベリンガーの2チャンネルDI(ダイレクトボックス)「ULTRA-DI DI20」を出してきた。KORG M3のアンバランス出力を入れ、UA-S10のマイク入力に送る。

机背面のカワイMP9500、コルグM3-M、ローランドV-Synth XTのセットをどうやって鳴らそうかと考え、B3031Aに送るのが最も良いだろうということになった。M3-M→DI20→UA-S10→B3031Aという接続だ。DIは、ボスのDI-1を使ってもいいのだが、コンパクトなDI20をまずは試すことにした。

まあまあ鳴った。

UA-S10からB3031Aがアンバランス接続でケーブル長がけっこうあるので、どうしてもノイズが乗りがちである。B3031Aのレベル調整はなるべく絞り、UA-S10のコントロールパネルで、その接続のレベルを15デシベルほど上げて合わせてみた。

楽器を適切に鳴らすための配線の試行錯誤も、練習のうちである。

H2

2020/08/04

机下のBehringer B3031Aに積み木のスタンド

20200804a_behringerb3031aundermydesk

正面机のサラウンド5.1チャンネル再生環境を、どのようにしたら改善できるか考えたが、いいプランが浮かばない。机の中央に43型の液晶ディスプレイをどーんと置いている以上、まともなセンタースピーカーをまともな場所に、しかもできれば2個、置くのは難しい。

とりあえず、机下に置いたセンタースピーカーB3031Aが、床に直置きされているのがあまりに可哀そうなので、積み木を4個持ってきて、100円ショップで買った防振ジェルの使い古したやつをはさんで、B3031Aの下に入れてみた。

気分としては、5%くらいよくなったかも。

以前にダウンロードした、マルチチャンネルのFLACファイルを鑑賞している。悪くない。

H2

2019/12/15

Behringer B3031AをカワイMP9500セットに移動

20191215c_kawaimp9500withbehringerb3031a

思うところあって、ベリンガーのモニターB3031Aを、机背面のカワイMP9500を中心としたセットに移動した。電子ピアノを弾く際、音はできれば下から聞こえてほしいが、B3031Aを床に直接置くのははばかられる。左はラックの一番下の段に横から突っ込み、右は使っていないレズリー2103の上に置いた。左右の高さが違うが、それは気にしない。MP9500の位置を左にずらすほどの大工事となった。

今つないでいるものは、MP9500→Mackie 1202→B3031Aがメイン。1202には、サウンドチェックの意味合いもあり、ソニーのMDレコーダー「MDS-PC2」と、オンキヨーのカセットデッキ「K-505FX」も接続している。

K-505FXは長い間使っておらず、再生を始めた当初はワウフラッターが盛大で、壊れたかと思ったくらいだが、再生しているうちに動きが少しずつスムーズになってきたようだ。B3031Aの音量はやはり大したもので、ジャズライブのテープをかけると臨場感がある。

これまでMP9500の上に乗っていたB2030Pは、AVアンプのサラウンドにしてみた。これまで使ってきたタンノイのスピーカーは、片方のツイーターが飛んでいるのではないかという疑いを捨てきれず、廃棄しようかと考えている。もらいものであり、さほど惜しいと思わない。

H2

 

2019/12/14

完全なシステムじゃなくても

20191214a_soundplaybackdevices

リスニングをしながらモニタリング・システムの試行錯誤を続けている。

FA-66→B3031A+BM14Sという経路が気に入り、これだけでいけるか、と思ったのだが、夜になって音楽を小さい音で聴いていたらどうもうまくいかなかった。(1)音量を絞るとノイズが気になる、(2)音量を絞るとB3031Aのオートスタンバイが作動して音が出なくなる、という問題が生じたからだ。

後者はオートスタンバイをしない選択もありだが、一度オートスタンバイに慣れると、机の下に潜ってテーブルタップのスイッチを操作するのがおっくうになる。前者もけっこう深刻で、昼間にそれなりの音量で鳴らしていれば気にならないノイズレベルなのだが、夜は自分の気持ちを落ち着ける意味もあってかなり音量を落とすので、その際にノイズが浮き上がってくるのはつらい。

フロアノイズのレベルでいうと、VSA-919AH→NS-10M+YST-SW-800または5Cの方が低い。NS-10Mと5Cは聞こえない音が多いのだが、でも、それで音楽が楽しめないかというかとそんなことはなく、「俺は音楽に必要な部分を選んで鳴らしてるんだよ」と言われている気がする。AVアンプのVSA-919AHはさすが家庭用で、小音量での使用を念頭に置いている。

FA-66からVSA-919AHへのラインを作るか、ということで、最初は、FA-66を96kHzに切り替えて光S/PDIFでつないだ。この音はなかなかよかったのだが、FA-66のアナログ出力(出力1~4)が動かなくなってしまった。おそらく、192kHzで一度つないでアナログ出力をしたため、その設定が保存され、うまく切り替えられなくなったのだろう。

ドライバーをアンインストールしてやり直せばうまくいくかも、と考えたが、面倒になったし、それならアナログだけで192kHzで動かせばいいや、となった。で、アナログ出力の3と4をVSA-919AHにアンバランスでつないだ。

そんなわけで、上の図で、一番上の「FA-66 Out 1」を選ぶとB3031A+BM14Sになり、「FA-66 Out 2」を選ぶとVSA-919AHになる。「Realtek Digital Output (Optical)」を選ぶとRealtek経由でVSA-919AHにつながる。マルチチャンネルにエンコードされた音声を送ることができるなどの利点があるため、Realtekも残している。

「いい音だなぁ」と思いながら音楽を聴くのは楽しい。ただ、リスニング・システム(モニタリング・システム)で完全を目指しても、しんどいかなぁ、とも思い始めた。ほどほどにしておこう。

制作用のシステムも、多機能なもの、完全なを目指すのはやめつつある。AもBもCも、と欲張ると、使い勝手が悪くなったり、選択が多過ぎて迷ったりして、結局うまく使えなかったりする。

机右手のシステムはAができる、机左手のシステムはBができる。机背面のシステムはCができる、でいいだろうとこのごろは考えている。押し入れと機材の交換をすれば、またできることは変わる。

それもまた楽しからずや。

H2

 

2019/10/24

Behringer B3031A+Dynaudio BM14Sでリスニング

20191024a_oppobdp103_dbxquantum

これまで、パソコンの中の音声ファイルを編集する時は、Realtekのデジタル出力(オプティカル)でパイオニアのAVアンプ「VSA-919AH」に音を送り、そこからヤマハNS-10M+YST-SW800、もしくはオーラトーン5Cでモニターしていた。音楽を聴く時も、そのアンプとスピーカーで聴くことが多い。

気に入っている点がいくつかある。VSA-919AHは付属マイクで自動調整ができ、その結果はおおむね信頼している。メインボリュームの設定が数値で示されるのもよい。「マイナス20dB」にセットして、それで聴きやすい音量になるようにコンプをかけたりしている。

ただ、困った点もある。レベルを上げていった時、Realtekの出力段で歪んでいるという疑いを捨てきれない。歪みを抑制するためにRealtekの出力レベルを100から90に下げているのだが、それが妥当であるかどうかも考えてしまう。NS-10Mを使っている際には、中低域のレベルが上がった時にVSA-919AHの空冷ファンが回るが、それも嫌だ。

そんなわけで、モニター環境は悩ましいし、スピーカーが売られているのを見ると、「これを買ったら改善できるかも」とつい考えてしまうのだが、それよりも、今セットしているものを活用できないか、ということで、TRUTH B3031A+Dynaudio BM14Sでリスニングを始めた。

B3031AとBM14Sを買ってからけっこう時間が経過しているが、リスニングにあまり使ってこなかったため、耳が慣れていない。どうしても、慣れた方で作業してしまう。もうこれは、耳を慣らすしかない。

現在の、B3031Aに至る接続は以下のようになっている。

20191024b_connectiontob3031a

最初に試したのは、RME Firefaceからのラインである。パソコン上でPlayPcmWinを動かして、音楽CDからリッピングしたWAVファイルを聴いてみた。これが想像以上に面倒であった。PlayPcmWinは、44.1kHzをRME Firefaceで出すためには、RME Firefaceが44.1kHzで動いていることを要求する。通常はクロックジェネレータGENx192から供給される96kHzで動かしているため、44.1kHzに設定を変更するのが、けっこう面倒なのだ。なんとかできたけれど、普段使いはしたくないなぁ、という面倒さであった。

Sound Forge上で96kHzのWAVファイルを、ASIO接続のFireface 800で再生するというのもなんとかできた。これだと、96kHz設定を変更する必要はないからそれはそれでありがたいが、44.1kHzまたは48kHzのMP3の再生をするとなると、やはり面倒である。最後はやはり、RealtekとVSA-919AHで聴くことになるかもしれない。

次に試したのは、MR-2000SにWAVファイルを転送して、アナログでdbx QUANTUMに送って聴く方法である。パソコンの電源を落として、空冷ファンのノイズなしで再生できるのは助かる。アナログで入れると、QUANTUMのレベル調整つまみは、入力と出力の両方を使えるので、音量を落とすのも容易でよい。

次に思い立って、Oppo BDP-103のS/PDIF出力をdbx QUANTUMのS/PDIF入力につないでみた(上写真)。これだと、MR-2000Sの電源を入れなくて済む。CD等でリスニングを楽しむには、これが一番いいかな、と今のところは思っている。

この方法にも問題はある。音量を設定するにはQUANTUMの出力つまみを用いるしかなく、上の写真でもわかるように、かなり左に振り切っていて、調節が難しい。左右のバランスも考慮しなければならないので、なおのこと難しい。また、BDP-103はSACDの出力をS/PDIFには出してくれないと思うので、SACDは聴けない。SACDを再生するには、アナログでMR-2000S経由にするしかない。96kHz24ビットのDVD-Audioをかけてみたところ、それはS/PDIF経由で聴けるようだ。

いろいろやっているのだが、パソコンの空冷ファンの音も気になってきた。今使っているパソコンのCPUは、TDP130Wの「Core i7-3820」である。次に買う時は、TDPが控え目なものを選んだ方がよいかもしれない。

H2

 

2019/10/18

Behringer MDX 8000 COMBINATORを出してきた

20191018b_behringermdx8000

押し入れからベリンガーのマルチバンドコンプレッサー「MDX 8000 COMBINATOR」を出してきた。これまで、FM-186→dbx QUANTUM→MR-2000Sという接続だったが、FM-186→MDX 8000→MR-2000Sとし、MR-2000Sの録音フォーマットはDSF 5.6MHzにし、パソコン上のAudioGateでPCM 96kHz24bitに変換し、それをSound Forgeで編集した。

Rain Again Release 2

前回アップロードしたものとは、演奏内容が異なる。MR-2000Sを回した状態でAnalog Keysのジョイスティックを上下に動かしているからだ。録音時の機材選択が、どちらがいいかは、わからない。

これまでは、シンセを弾く時のモニターであるGenelec 1029Aには、FM-186から信号を回していた。今回は、MDX 8000から回している。シンセをちょこっと弾きたいという時に電源を入れなければならない機材が一つ増えたのは遺憾だが、一方で、これまでは、録音する時になってdbx QUANTUMをはさみ、そこでコンプやEQをかけていたのだが、どうもそこで十分な作業ができていない気がしていた。MDX 8000を常時入れておけば、より早い段階で、音量と周波数帯域のバランスを、ある程度追い込めるかもしれない。

我が家のMDX 8000は前オーナーかだれかの手による改造が施されており、右側にあるレベルメーター、コンプレッションメーターが動作しない。各バンドのCOMPインジケーターは生きているので、そこで判断するしかない。残念な気もするが、まあ、潔いと評することもできる。

ここしばらくで録音したものが、再生装置によってはプチプチノイズが入ることがあり、レベルを上げ過ぎたか、という気もしていた。まだまだ修行である。

H2

2019/09/27

Behringer C50AをFender Rhodesに乗せる

20190927a_rhodeswithbehringerc50a

押し入れにあったベリンガーのパワードスピーカー「C50A」をローズの上に置いた。C50Aは正直、いい音のスピーカーではない。音楽を聴くと首をかしげたくなるし、シンセをつないでピアノ音を出すと、ディケイ時の音のギザギザに驚く。でも一方で、シンセの持続音はそれなりに鳴る。ローズなら、まあまあ使えるのではないか、と考えた。

結果としては、まあまあ楽しめる。SDE-330とレベルが合わないのか、あまり大きな音がしないのは予想外であったし、中域が出過ぎ(もしくは上と下がない)だけれど、耐えられないほどではない。目の前のスピーカーから音がするというのは、いいものである。これまでは背後のエレクトーンで鳴らしていたからだ。

H2

 

2019/08/19

Behringer B2030Pを出してきた

20190819a_behringerb2030p

ベリンガーのパッシブモニタースピーカー「B2030P」を出してきて、これまで使っていたヤマハNS-M125と交換した。NS-M125は、1個を机のセンタースピーカーとして使っている。センタースピーカーの場所が限られており、これより大きいものを置く勇気が出ず、なかなかグレードアップが果たせずにいる。NS-M125は3個セットで買ったため、残りの2個をカワイMP9500の上に置き、LUXMAN L-430で駆動してMP9500とコルグM3-Mを鳴らすのに使っていた。

このところ、音楽を作る根性がなく、5.1chを含むリスニングをしていた。AVアンプ(パイオニアVSA-919AH)につないだリアスピーカー(タンノイmercury mx3)の右が、ツイーターが飛んでいるのではないかと以前から疑っていてB2030Pにしてみようかと思ったのだが、mercury mx3はバイワイアリング対応端子なので、金具を外してツイーターだけに接続して鳴らしてみたら、ツイーターの音が小さい感じはしたが、全く鳴っていないということはないようだった。それじゃまあいっか、ということになり、せっかくB2030Pを出してきたのだから、NS-M125と代えるか、ということになった。

NS-M125よりは、B2030Pの方が、まともな音だ。ウーハーの口径が、NS-M125は8cmで、6.75インチ(17cm)であるから、その差ははっきりしている。

これなら、リスニングにも使ってみようか、ということで、押し入れからソニーのMD録再機「MDS-PC2」を出してきて接続した。上の写真で、L-430の上に乗っているのがそれである。再生はまだできるようで、うれしい。

H2

 

「シンセな日々」検索







ウェブページ