2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー「Cakewalk」の4件の記事

2019/04/11

D-ProをD-Proで録音する

20190411a_dpro

今日もいろいろと配線変更をしているわけだが、机右手のSYSTEM-1mをステレオでミキサーに立ち上げるようにしたので、それでソフトシンセを弾いてみている。KORG Collectionの「LegacyCell」は、CC#7またはCC#11を受けてくれないなーと思っていたのだが、メイン画面で変更すればよいということがわかった。他のものも、CC#7またはCC#11、もしくはその両方で音量を調整できる。さすがコルグという良い音が出る。

上の図は、Cakewalk(Sonar)に付いてきたD-Pro(Dimension Pro)である。動くかどうか試して、「Record WAV file」というメニュー項目があるのに気付き、録音してみた。

D-Pro 1st and 1nd Violins Espressivo f

20190411a_DPro1stAnd2ndViolinsEspressivoF.mp3をダウンロード

本来の楽器の音域外は音が出ないようで、下はG2までしか出ない。即興をしていて、弾いたつもりが音が出なかったり、音域外に踏み出てしまいそうになったりして苦労した。

他のソフトや録音機を何も動かさずに録音できるのは、これはこれで面白いかも。

H2

(2019/04/26追記)画像の設定を変更しました。

2018/05/02

無料で使える「Cakewalk by BandLab」を入れてみた

米Gibson(ギブソン)がチャプター11を申請して破産した(借金の減額手続きを始めた)というニュースを読んだ。ギブソンがCakewalkやティアック(タスカム)を買収していたころは、世の中ギターの方が売れるんだなあ、と感心したものだったが、それほど売れていたわけではないようだ。ヤマハは最高益をたたき出したというのに。

Cakewalkはどうなるんだ?とサイトを見に行ったら、2018年2月23日に、シンガポールのBandLab TechnologiesがGibsonからCakewalkを買収したと書いてある。そのためにSonarの更新が止まっていたわけだ。私はSonarの永続ライセンスを買ってしまったのだが、この後更新されないんじゃ、だまされたかも。でも一方で、無料で使えるようになるということは、いいことなのかもしれない。

とりあえず、入れてみるじゃん、ということでやってみた。bandlab-assistant-windows-latest.exeをダウンロードして起動すると下の画面になる。
20180502c_bandlab01

Googleアカウントでログインするとこうなる。
20180502d_bandlab02

「Apps」タブに切り替えるとこうなる。
20180502d_bandlab03

Cakewalkの「インストール」をクリックすると、オプション選択画面が出る。
20180502e_bandlab04

上の画面では、何も選択せずに「インストール」を押した。下の画面が出た。
20180502f_bandlab05

マグカップやTシャツを買えるらしい。たくさん寄付するとクレジットしてくれるらしい。やれやれ、と思っているうちに、下の画面が表示された。
20180502g_bandlab06

上の画面では「日本語」でOKである。インストールを続ける。
20180502h_bandlab07

インストールが終了し、起動し、バージョン情報を見た様子。バージョンは「24.04.1」だ。
20180502i_bandlab08_2

現在使っているSonarはどうだろうか。バージョンは「23.10.0」であった。
20180502j_sonarplatinum

Sonarの更新は止まっちゃったんだろうなあ。

H2

2016/12/23

Cakewalk Sonar Platinum(ライフタイムアップデート付)を購入

Cakewalk Sonar Platinum(ライフタイムアップデート付)を購入した。2万5920円(税込み)。Sonar 8.5 Producerを持っているのでこの価格である。8.5以来アップデートをしていなかったのだが、ライフタイムアップデートを買っておくか、ということで購入した。Cubaseに乗り換えるという手もあったのだが、ここは、Cakewalkよもう一度、ということで。

正直、Sonarが今後発展していくような気はしない。後ろ盾がGibsonというのは、どうもしっくりこない。テクノロジードリブンな感じがしない。ヤマハが後ろ盾のCubaseの方が、しっくりくる。

でも、Windows 3.1時代からCakewalkを愛用してきた私は、Cakewalkを捨てるのはさみしい。このごろはあんまし使っていなかったけれども、これからは使いたい。ということで、買ってみました。

機能一覧を見ると、8.5のころからそんなに良くなった気はしない。Lexiconのリバーブが消えたりもするわけで、悪くなる部分もあると思う。でもとりあえず、今後のWindows環境への対応はほしい。あと、DSDを取り扱える部分には期待している。そんなわけで、今はダウンロードとインストールの実行中。

インストールが終わって起動してみた。インストールフォルダーの指定はできないらしい。Dドライブに入れた8.5はそのまま残されているようだ。Dimensionがハングアップしたりすることはあったが、おおむね、スムーズにインストールでき、動いているようだ。

まあ、これからもSonarを使っていくんだろうなあ。MacにはLogicが入っていて、MONTAGEを買ったのでCubase AIも使えるから、それはそれで試してみるつもりだが、Windowsに入れるかMacに入れるかを迷っていたりする。

H2


2013/09/24

ローランドがCakewalk売却

ローランドがCakewalkをGibsonに売却したそうな。赤字事業だったので、いくらで売却したかは不明。GibsonはTEACへも出資してたよね。なんというか、お金があるのだろう。

ギターの方がもうかるってことだろうなー。

シンセ弾きは減る一方だもんなー。新製品あまり出ないし。

H2

「シンセな日々」検索






ウェブページ