2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の100件の記事

2019/08/06

京都に行ってきた

20190806a_kyototower

京都に行った。灼熱というほどではないが、蒸し暑い。京都駅の路線バス乗り場にはミストが出ていたが、効果はあまり感じなかった。

20190806b_busatkyotostation

桂川方面に路線バスで向かう。路線バスで周囲を眺めているだけでも、どことなく、品の良さというか、文化というか、を感じるのは、京都だからだろう。

小高いところから京都の市街地であろうと思われる方を眺めた。

20190806c_kyotofromwest

約束の時間より1時間ほどは前に着くようにした。屋外で待たなければならず、暑さがこたえた。本を4冊入れた鞄も重い。観光しようという気にもならず、早々に引き上げてきた。KTM 950 ADVで約600km走ったせいか、どうも夏バテ気味だ。

H2

2019/08/04

暑いなぁ

20190803a_35_8celsius

連日の暑さ、いかがお過ごしでしょうか。くれぐれもご自愛ください。

少しのんびりしようと自室に入ったら、気温が35度8分、湿度49%と表示されていた。乾いているから汗が噴き出るという感じではないのだが、健康に悪そうな温度である。エアコンをかけてもなかなか温度が下がらない。建材などが、かなり熱を持っているのだろうなと思う。

H2

2019/07/20

千葉県柏市に行ってきた

20190719a_kashiwanohacampus

仕事で、千葉県柏市にある、東京大学の柏キャンパスに行った。鉄道駅から歩ける距離ではなく、路線バスに乗っていかねばならないのだが、隣にある国立がん研究センターには、羽田空港からの直通バスがあるようで、全国から来るのだろうなぁ、と思った。

電車に乗って出かけることが月に1度くらいしかない。刺激があって楽しいのだが、疲れると言えば疲れる。

H2

2019/07/09

radikoでラジオを聴く

20190709a_radikoplayerair

ラジオを聴きたいなぁ、と思ったのだが、ラジオを出してくるのは面倒で、チューナーを出してくるのはなおのこと面倒で、radikoにするか、ということになった。ブラウザーではうまく聴けず、radikoのWindows向けガジェットを使うことにした。Adobe AIRがないと動かないので、それもインストールした。

聴いてみると、やはり、いい。

昔、会社をしばらく休んで、一人で家にいた時、プログラミングでもするか、ということでRoland SD-90のエディタを書いていた。その時、NHK FMをかけっぱなしにしていた。CDと違い、ほっといて鳴り続けてくれるし、リピートで飽きるということもない。聴いていて、知らない素敵な音楽が流れてくることがあり、新たに知ったミュージシャンのCDを買ったりもした。

米国にいたころは、FM局がいっぱいあって、クラシック音楽のチャンネルを、よくかけっ放しにしていた。DJの名調子が好きであった。言っていることの半分もわかっていないのだが。Boston Symphonyのライブとか、よかったなぁ。

家で仕事をしていた知人は、有線放送の契約をしていた。チャンネルが多く、切り替えられるのが、ラジオよりもよかったらしい。

小学生のころ、マイキットで作ったラジオに感動し、1980円だったか2980円だったか、シャープのAMポータブルラジオを買ってもらい、布団の中でラジオを聴いていた。9時過ぎくらいに布団に入り、10時半くらいまで聴くのである。オールナイトニッポンまで起きていることはできなかったが。

NHKの基礎英語は、タイマー録音して聴いたなぁ。FMのエアチェックもずいぶんしたっけ。坂本龍一が番組持ってたなぁ。

ラジオ、大好き。

H2

 

2019/07/06

電子メールがないとほっとする

20190706c_nomail

電子メールソフトを起動し、メニューで「送受信」→「受信」を選び、「受信したメールはありませんでした」と表示されるとほっとする。今、メールで注意が必要なものは仕事関連で、やっぱり来るとどきっとするし、何かしらレスポンスをしなければならないこともあるので、基本的には、私はメールは来てほしくないと思っているのだろう。

来てうれしいメールがあるかというと、うーむ、である。友人からのメールは嬉しいけど、あまりないし。

H2

2019/05/31

「Godzilla King of the Monsters」を観てきた

20190531a_godzillakingofthemonstersposte

ゴジラ映画を観てきた。1971年にリバイバル上映された「怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ」を、私は母と観に行った記憶がある。まだ小学生になっていなかった。

小学生の時は、児童会館で無料で映画を観ることができ、そこで「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」を観た。小学校のクラスの演芸会みたいなものでゴジラ対モスラをやることになり、友達の家に集まって、ボール紙などを使ってゴジラの仮装や、竹の棒とひもで飛ばすモスラを作ったこともある。映画館にかかっているゴジラ映画は一人では行けず、親に観に行きたいと言い出せず、家から映画館まで走って行ってポスターを見て、いいなぁ、と思って走って帰ってきたりした。ガイガンの超合金(?)も買った覚えがある。

そんなわけで、大人になってからは、怪獣映画がかかると、なるべく観に行くようにしている。今回の「Godzilla King of the Monsters」も、予告編を見て楽しみにしていた。

期待を裏切らない出来であった。すぐに怪獣同士の対戦が始まり、それが長く続く。人間の右往左往があるので、テンポが緩まない。対戦シーンの迫力は、これまでのゴジラ映画の中でも、かなり優れたものだと感じた。昔のゴジラ映画はゴジラが人間の味方になってしまい、それがあまりに子供向けではないかと言われたものだが、その要素を、うまく取り入れているのも感心した。何より素晴らしいのはエンドロールで、エンドロール自体はもちろん退屈なものなのだが、そこで流れる音楽が、泣けた。

私が初めて鑑賞した時から50年弱を経て、ゴジラ映画がまだ作られていて、それが素晴らしいものであることが、とても嬉しい。もう一度観に行くことになりそうである。

帰って1曲作った。

50 years

A-B-A形式の短いピアノソロ。当初、MP9500+M3-Mで作り始めたのだが、操作が面倒になってPa1000に移った。ここ数日で、Pa1000に慣れつつある。Pa1000で一度目に録音した時は、誤ってベロシティを固定してしまった。それはそれでちゃんと鳴っていた気がするが、録り直した。よくなったのか、悪くなったのか…。

下は楽譜。左手も書こうかと思ったが、面倒になって書いていない。

20190531b_50yearsmemo

最後はCで終わっているのだが、そこに至るまでの道程では、Fに導くためのCを1回使っているだけである。

H2

2019/05/29

東京へ行ってきた

20190529b_decode2019

東京で開催された日本マイクロソフトのイベント「de:code 2019」に行った。基調講演の柱は「365」「Azure」「HoroLens 2」で、マイクロソフトは相変わらず、豊富なリソースを使って世界を変えている。特に、HoroLens 2はすごい。価格がけっこうなものなので気軽に買えるものではないが、高価格で何ができるかを示すことが、まずは大事だろう。

秋葉原でmicroSDカードを買った。32GBで470円。

20190529a_toshibamicrosd32gb

KORG Pa1000にはmicroSDのスロットがあり、そこに挿すために購入した。何GBまで認識するかの情報が公開されておらず、とりあえず32GBを試した。64GBとかも少し考えたが、そこまで必要だとも思えない。そもそも、通常の作業は上面にあるUSBメモリーで行っている。パソコンに持っていくのが楽であるからだ。今は2GBのものを使っているが、特に不足は感じていない。

Pa1000に挿入し、フォーマットをかけたら、うまくいったようだ。

20190529c_microsdformated

Pa1000は内蔵の「KORG SYSTEM」というディスクを備える。「Device Information」で確認すると、トータル1.4GB、フリーサイズ1.12GBとなっている。これに加えて、SDカード28.83GB、USBメモリー1.88GBがあるという状況になった。Pa1000にサンプルを読ませるということはまだしていない。MP3ファイルの録音もしていない。容量あり過ぎ、である。当面これで。

H2

2019/05/10

名古屋に行ってきた

20190510b_higashiyamazoo

仕事で名古屋に行った。今回降車した駅は東山公園で、そこには東山動植物園があった。私は遠足で東山動物園に来たことがあると記憶しているのだが、細部は覚えていない。本当に来たんだろうか。何歳のころであったかも定かではない。歩いて坂が多いのに驚いた。確かに山である。

このところ、仕事で新幹線に乗る機会が続いた。疲れるし、コンビニめしは割高だし、移動の拘束時間があるのに支払われる金額は同じだから近所の方がマシであるのだが、このように移動していると、自費で旅行をしようという気持ちがなくなるので、それが節約になるとは言えるかもしれない。移動によって得られる情報というのも確かにある。やっぱり家がいいなぁ、と思えるのも、いいことかも。

H2

 

2019/04/26

九州大学に行ってきた

20190425a_south

九州大学の伊都キャンパスに行ってきた。山を切り開いて移転した未来的なキャンパスである。上の写真の建物は、湾曲していることを見て取っていただけるだろう。この湾曲は一つの建物の片方のウイングだけで、反対側にも同様のウイングがある。どでかい。

20190425b_north

2番目の写真は、裏側である。配管がむき出しになっており、メンテナンス用の通路が付いている。大学の理系の建物に時々見られる設計で、これはこれで合理的なのだろうと思う。

4月の大学のキャンパスは、どこかしら、華やかさを感じさせた。未来に希望を持てるような、春の香りである。

H2

2019/04/17

セイコークロックDL204のACアダプターをやりくりする

20190417a_seikoclock_b63217218

パソコンの左にモニタースピーカーB3031AとNS-10Mを積み重ね、その上にセイコークロックのデジタル時計「DL204」を置いている。アンバー色のLEDは、まだLEDが赤色しかなかったころにはとても美しく思えたっけ。この時計は10年ほど前に買って、暗いところでも視認できて気に入っていたのだが、ある日点灯しなくなった。ACアダプターを見たら、上のように根元が折れている。何かで力をかけてしまったのだろう。ACアダプターの先に電圧が出ているかどうかテスターで確かめようとしたが、穴が細くて針が入らない。仕方ないので、ケーブルを切って電圧を見てみたが、出ていないようである。

ACアダプターをほうり込んである箱からACアダプターを一つずつ出し、直流6ボルトで、なおかつ、現役機材用ではないものがないかと探した。ソニーのDATレコーダー「TCD-D8」のものがあった。TCD-D8はどこかにあるのか捨てたのか記憶にないが、まともに動かない状況であったはずだ。ということで、クロック用のACアダプターのケーブルを移設した。仮結線してクロックの電源が入ることを確認し、ハンダ付けして、ビニールテープで巻く。その作業によってクロックが動くようになったのが下の写真である。

20190417b_seikoclock_dl204n

これからも、変わらず時を刻んでおくれ。

H2

(2019/04/26追記)画像の設定を変更しました。

より以前の記事一覧

「シンセな日々」検索






ウェブページ