2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

カテゴリー「Buffalo」の2件の記事

2020/04/01

Akai S6000を整備

20200401c_akais6000onkorgpa1000

机左手のコルグPa1000を中心としたセットでアカイS6000を弾けるようにした。弾き始めて、うーんやっぱりいいなぁ、と思ったのだが、しばらく経つと、内蔵している光磁気(MO)ディスクドライブがうなり始めた。何かしようとして失敗している。これは以前から気になっていて、いつか対処しなければならないだろうとは思っていた。MOディスクを入れてみたがおさまらない。MOディスクのフォーマットをすると失敗する。これはもう、12Uラックの最下段から出してきて何とかしなければなるまい、と腹をくくった。

床に敷いてあった布団をたたむところから始めねばならない。ラックの手前にPa1000を置いているので、それを動かし、S6000の上に乗っているCD-ROMドライブとMDデッキの接続を外し、S6000の配線をすべて外して、床に移動させる。

MOドライブが悪いか、SCSIケーブルが悪いか、どちらかだろうと思った。SCSIケーブルに問題があった。

20200401d_blokenscsicable

中央部が割れて銀色の芯線がむき出しになっている。自分が何かの作業の時に壊したのかと思ったが、中央部の割れはこの部分だけでなく、ほぼ全体にわたって生じていたので、経年劣化ではないかと思う。

SCSIケーブルを探してきて交換したら、MOのフォーマットができた。

MOのままでいくか、以前購入したバッファローのカードドライブ「MCR-SFB2」(購入時の記事はこちら)にするかを考えた。MCR-SFB2を接続してテストを始めるのに、さほど手間はかからなかった。

20200401e_buffalomcrsfb2connectedtoakais

ドライブは認識した。コンパクトフラッシュカードをフォーマットできた。カードにディレクトリを作ってサンプル等を保存できた。そのカードをパソコンに入れたら中身が見えた。これなら、MOよりいいかも、と思った。

ドライブをちゃんと入れた状態が下の写真だ。

20200401f_compactflashmemorycardinakais6

基本的な使い方としては、CD-ROMドライブにCD-ROMを入れてそれを読み出し、調整した音色をハードディスクに保存するので、メモリーカードは必須ではない。ただ、パソコンから何かを入れたいこともあるし、パソコンに何かをバックアップしたいこともある。その時にメモリーカードを使う。

音を一つ。

Akai S6000 "C7Soft12Mb1"

以前に手持ちのCD-ROMから読み込んだヤマハC7。手弾き無修正。S6000→Reverb 4000→dbx QUANTUM→MR-2000Sという経路のフルデジタル接続で、Reverb 4000を少しかけている。12MBという容量の割には素敵な音なので、お気に入りフォルダーに入れてある。S6000の読み込みは、ひどく遅くもないが速くもないので、大きな音を読み込むのが面倒な時もあり、この音色はテストで使うことが時々ある。

私が最初に買ったサンプラーはSampleCell PCで、次がS6000だった。S6000は新品を買い、オプションもある程度入れたので、私が買ったシンセ(サンプラー含む)の中で、最も高価なものである。

S6000の最大の特徴は、操作パネルを外せることだ。ラックの手が届かないような場所に本体を入れ、操作パネルだけを手元に持ってくることができる。そのため、ラックのいい場所を取り合うことなく、常時セッティングされている。以前持っていたZ8も同じ特徴を持つのだが、操作パネルの作りがしっかりしておらず、壊れた。S6000もボタンが多少渋くなっているが、それでも、まだ使えるのだから、立派だと思う。

S5000/6000は、初期はバグが多かったし、それを最後まで取り切れなかった。野心的だが完成度が低く、高価であった。それでも、低価格化したZ4/8より作りがしっかりしているので、私としてはお気に入りである。

いいところも悪いところもあるが、まだ使いたい。

H2

2020/01/20

Buffalo MCR-SFB2を購入

20200120f_buffalomcrsfb2

バッファローのSCSI接続メモリーカードドライブ「MCR-SFB2」を購入した。6750円。

電源端子は改造されていた。

20200120g_modifiedpowerconnector

取り去るのが面倒だな、と思ったが、私の技量ではピン上の半田を取り切れず、コネクターがささらないということになりそうな気がする。だったら半田付けで給電してしまう方がマシかもしれない。

SCSI MOドライブの入手が今後難しくなることを懸念していて、だったらこちらをストックしておくか、と買ってしまった。すぐどれかに装着しようかという気はない。

無駄遣いが過ぎる、かも。

H2

その他のカテゴリー

Abelton Access Music Adam Szabo Akai AKG Alesis Analog Mania Aphex Apple Applied Acoustics Systems AQ Interactive Art Art Nouveau Arturia ASUSTeK Computer Audio-Technica Auratone BandLab Behringer BenQ Buffalo Cakewalk Canare Casio CFA-Sound Cherry Audio Classic Pro Clavia Nord Daiso Dave Smith Instruments/Sequential dbx Dexibell DirtBoxSynth Dynaudio E-mu East West Ego Systems Elektron Ensoniq Epson EVE Audio Eventide Fazioli Fender Ferrofish Fostex Fujitsu Gakken Garritan Genelec Green House Guyatone Hammond/Suzuki HammondEggsMusic Hermann Seib Honda HxC2001 InterM iodata iZotope K&M K-Sounds Kawai Keith McMillen Instruments Kenton Kikutani Korg KTM Kurzweil Lexicon Logicool Logitec Lucid Luxman Mackie Mark Of The Unicorn MASS-Kobo Moog Mutable Instruments Newfangled Audio Novation Oberheim/Marion Systems OnStageStands Open MIDI Project Panasonic Peavey PFU Philips Pioneer Plogue Ploytec Plugin Boutique Premier Sound Factory ProCable Prosonus Radikal Technologies Realtek Semiconductor Reason Studio Red Sound Reon rgcAudio RME Audio Roger Linn Design Roland/BOSS Roll-log Sounds Rybo Sonic Foundry Sony Sound Quest SoundCloud Soundsphere Steinberg Studio Electronics Studiologic SubtleSoft Suzuki Synthogy tc electronic Teac/TASCAM TL Audio ULTIMATE Urei UVI Viborg Audio Vocaloid Voce Waldorf Yamaha YEData Zoom お知らせ アメリカン電機 エフェクター オーディオ サンプリングCD スター電器製造 パソコン・インターネット ピアノ 嘘なし減量法 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 機材その他

「シンセな日々」検索







ウェブページ