2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「Sound Quest」の1件の記事

2020/01/29

Mac上のWindows 10仮想マシンのMidi Quest 10でRoland D-550を制御

20200129a_midiquestatwindows10virtualmac

MacBook上で動かしたParallels Desktop 14の中で動かしたWindows 10仮想マシンの中で、Windows用のMidi Quest 10を動かすことができた。上がその様子である。D-550用の音色一覧を開き、音色をクリックするとその音色がD-550に転送され、オーディションできる。

上の画面で選択している音色を録音した。

Synth Lead 1

この音色を気に入ったのは、かすかとは言え、アフタータッチでビブラートがかかるようになっていたからだ。いかにもデジタルな、耳に刺さるようなリード音である。ただ、モノにはなっていない。モノという機能があるんだろうか?

上の画面が動くようになるまではけっこう面倒であった。Midi Timepiece AV(MTPAV)をUSB接続してそれをWindows仮想マシンにつなぐというのはどうもうまくいかなかった。押し入れからローランドのUM-1EXを出してきて接続してテストを始めたのだが、これもうまく動かないように思えたのだが、それはそもそも、うちのKRONOSのMIDI入力(USB入力も)がちゃんと動いていないようで、そのせいで確認ができなかった。D-550にルーティングしたらちゃんと音が出たからだ。

そんなわけで、MIDI信号は、Windows仮想マシン上のMidi Quest→UM-1EX→MTPAV→D-550の経路で流した。MTPAVはWindows PCにUSB接続し、そちらのソフト(ClockWorks)でルーティングなどの操作をしている。UM-1EXはとりあえず、ADVANCED DRIVERスイッチをオフにして使っている。

Midi Quest 10は、FTPサイトからインストゥルメントをインストールできなかった。なぜなのかわからない。Windows上のMidi Quest 10からファイルをコピーしたら何とかなった。

いろいろと面倒であったが、Mac内のWindows仮想マシンでMIDI出力をすることが1度でもできた、というのは、私にとっては嬉しいことだ。1度もできない、と、1回できた、は大きく異なる。

H2

「シンセな日々」検索







ウェブページ