2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー「EVE Audio」の2件の記事

2020/04/02

EVE Audio TS112を購入

20200402a_eveaudiots112_sc307

EVE Audioの12インチ・パワードサブウーハー「TS112」を購入した。2万1057円+送料3135円。本来付属するはずのリモコンがなく、それで安かったのかもしれない。ただ、本体のつまみで調整できるので、リモコンは必須ではないだろうと判断している。テーブルの上にSC307のLR、下にTS112という形で置いた。

SC307を購入した時(記事はこちら)、「20Hzと25Hzは聞こえないが、31.5Hzがある程度聞こえる。40Hzはちゃんと聞こえる」と書いた。TS112を追加してどうなったかというと、20Hzは音としては聞こえないが、ウーハーの振動は触ればわかる。25Hzは部屋がきしむ。31.5Hzはしっかり聞こえるようになった。逆に、100Hzが少しやせている気がして、サブウーハーのフィルターを少しいじったりしているが、まだ設定が定まらない。

8畳の洋室にサブウーハーを3個も置く自分はどうかしているとは思うが、それでも、必要だと思っている面もある。

パソコンに向かう場合は、Genelec 1031A+Dynaudio BM14Sがメインで、パイオニアのAVアンプVSA-919AHに接続したヤマハNS-10M Pro+YST-SW800も使う。机の右手にあるコルグKRONOSを中心とした作業机ではEVE AudioのSC307+TS112を使う。

机左手のコルグPa1000を中心としたセットでは、Pa1000の内蔵スピーカーを使っている。Genelec 1029Aにしようかとも思うが、電源ボタン1個で弾く状態になるというメリットがあり、Pa1000のスピーカーも捨てがたい。机背面のカワイMP9500を中心としたセットでは、Behringer B3031Aを使っている。ここはサブウーハーはない。

4方向のそれぞれを向いて作業する際に、正対できるスピーカーがほしい、と考えて数を増やした。上記だけで13個だ。それ以外に、VSA-919AHには、リアのBehringer B2030P、センターのヤマハNS-M125、サブのAuratone 5Cがつながっているので、それらを含めると18個。よくこれだけ買ったものだ。

NS-10Mは1978年発売。5Cはそれより少し前なのかな。1031Aは1991年。SC307は2013年。それぞれに、その時代の技術と、その時代の音がある。

夜の心を落ち着かせるリスニングに好適なのが5Cだ。この音楽は5Cではこんな風に聞こえるんだ!という感動がある。うっとりすることがある。5Cで楽しめるなら、その音楽はよい仕上がりであると思う。

NS-10Mはいいスピーカーだ。ただ、パワードスピーカーではないので、どのアンプにつなぐかによって音が変わるのは仕方ない。プロのスタジオだと、ハイパワーなアンプにつないで頻繁に吹っ飛ばしていたようだが、音楽ではなく音を聞く際にはパワーが必要なので、さもありなん、と思う。うちのVSA-919AHは家庭用で非力だが、NS-10Mを壊すのも困るので、これでいいのかもしれない。NS-10Mは低域の再生が得意ではないが、サブウーハーを追加すれば解消される。

1031Aは、さすがというしかない。大きな音を出せて、ノイズが少ないので小さく聞いても大丈夫。オールラウンドで音が崩れない。さらに気品と評したいようなものがある。パワードなので、過大入力で壊れることもないと推測している。それでも、当然のことだが、サブウーハーがないと聞こえない部分はある。

SC307は1031Aに劣らない。音に20年分の新しさがある。TS112との組み合わせで、ちょっと上品になった気がする。

H2

2020/03/13

EVE Audio SC307を購入

20200313a_eveaudiosc307

EVE Audioのパワードスピーカー「SC307」を購入した。9万5700円+送料2952円。

Genelec 1031Aを買ってローランドUA-S10を買って、メインモニターはこれでよし、なのだが、そこでの感動が大きかったためか、パワードスピーカーをまた買ってしまった。10万円未満で入手できることはなかなかないだろう、と思ったのだった。

届く前に調べていたのは、EVE Audioの製品がデジタルクロスオーバーを使っていることだ。同じスピーカーを2個用意して、一つをウーハー、一つをスコーカー(今はこういう呼び方はしないかもしれないが)に使うというのも、独自性があると思った。ウーハーとスコーカーは違う大きさであるはずだと思っていたが、そうでもないというのは面白い。

到着してテーブルの両側に縦置きで配置した。最初は下をウーハー、上をスコーカーにしたのだが、KRONOSのピアノで低音を弾いた際にテーブルがびりびり鳴って困ったため、上をウーハー、下をスコーカーにしてみた。改善した。High、Desk、Lowのアジャストは、今はしていない。

Genelec 1031Aが世に出たのは1991年。SC307は2012年の終わりか、2013年の初めごろではなかろうか。モニタースピーカーの20年分の進化を感じる。

低域がけっこう出る。20Hzと25Hzは聞こえないが、31.5Hzがある程度聞こえる。40Hzはちゃんと聞こえる。これなら、サブウーハーなしでもいけるかも。とりあえず、価格と大きさにふさわしい音が出ていると思う。今日の印象としては、乾いたいい音。聴いていて楽しいが、音の悪い部分はちゃんと指摘してくれそうな気がする。

H2

「シンセな日々」検索







ウェブページ