2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー「Roger Linn Design」の1件の記事

2020/06/26

Roger Linn Design「AdrenaLinn」を購入

20200626a_rogerlinndesignadrenalinn

Roger Linn Designのドラムマシン付きエフェクター「AdrenaLinn」を買った。1万円+送料810円だが、クーポンで500円引き。

まずは第一声。

Roger Linn Design AdrenaLinn 1st Trial

Nord Stage 3のCH3 OUTからAdrenaLinnに接続し、AdrenaLinnでドラムビートをスタートさせて弾いたもの。たぶん、プリセットF10を使ったと思うが、定かではない。その後段はヤマハSPX2000で、クラシックの「SYMPHONIC」がかかっているのに気付かず、そのまま録音してしまった。ドラムにシンフォニックがかかってしまったわけですよ。Nord Stage 3から出した音は、イニシャライズした正弦波で、それがここまでの音になるのだから、ギター用マルチエフェクターというものはすごい。

世の中には、シンセ弾きよりはるかに多くのギター奏者がいて、ギターの市場、ギター用エフェクターの市場は、シンセの市場より格段に大きい。そこでの技術革新はすさまじい速度で進んでいる。

ギター、ベース用のマルチエフェクターは、少しは買ったことがある。ヤマハFX500B(こちらに写真がある)は1990年の製品ではないかと思う。DX7につなぐために中古で買った。ボスSE-70は1993年の製品で、これは5000円で楽器屋に売った。AdrenaLinnは2002年の製品であろう。Sound On SoundのAdrenaLinnのレビュー記事が2002年のものであるからだ(Sound On SoundのAdrenaLinn IIのレビュー記事もある)。約10年で、マルチエフェクターはここまで進化したのだなぁ、と感心する。現在は、そこからさらに18年が経過しているわけだが。

AdrenaLinnを使いこなす自信はないが、使う可能性がないわけではない、と思う。AdrenaLinnの現行バージョン「III」にバージョンアップすることもできるようだが、初代がいいという意見もあるので、バージョンアップするかどうかは微妙だ。

H2

 

「シンセな日々」検索







ウェブページ