2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

カテゴリー「Fujitsu」の2件の記事

2023/01/22

Roland ZENBEATSで「電話の上で」

20230122b_fcntarrowswewithlogicoolm557ko

MacBook中心のモバイル音楽セットに加えて、FCNTのスマートフォン「arrows We」を中心とした音楽セットも用意したいと考えた。ノート型パソコンは便利なのだが、けっこうな重さで、バイクで運ぶのはしんどいと思うこともあるからだ。バイクの荷台に付けると、転倒した際にノート型パソコンのディスプレイが割れるのではないかと心配だ。背中に背負うと重いし、雨で濡れて壊れるのではないかという懸念もある。

手持ちの機材のどれと組み合わせればよいかを考えて、KORG nanoKEY Studioとロジクールのマウスでどうか、ということになった。arrows WeにあるUSB端子は1個だけで、それを充電にも使うので、Bluetoothで接続できるものが都合がよいからだ。

最初に「蛙の歌」を打ち込んでみたところ、鍵盤を叩いてから発音するまでの時間が長いことが気になった。写真左上のGakken NSX-39ポケット・ミクをつないでみたら、そちらの方がマシな気がした。ただ、ZENBEATSのメニューで「オプション」→「オーディオ」と進んだ画面にある「バッファー・サイズ」を384サンプル→192サンプルに減らしたところ、まあこれなら使えるかな、という感じになった。

Android版ZENBEATSの画面は下の図のようなものだ。

20230122a_rolandzenbeatsandroid

使い方がよくわからないので右往左往したが、時間をかけてあーだこーだやれば、少しずつは慣れるようだ。上の図では、シンセもドラムスも、リニアにずるずると打ち込んだ。パターンを使う必要はないんだ、というのは、私としては発見だった。

保存時に「曲に名前をつけて保存」を選ぶのだが、その際にATOKの画面が出てきて、曲名の入力が1文字ずつしかできなかったり、「上書き保存」ボタンがあるのが見えなかったりして困惑した。まあ、文句を言っても仕方がない。

保存したファイルがAndroidのどこにあるかわからない、というのも困った。内部から掘り出すのをあきらめて、Google DriveまたはMicrosoft OneDriveを経由するようにしたら、パソコンへ持っていくことができた。音声ファイルへのエクスポートは、曲の途中までしかできなかったりした。

曲のファイルをWindowsパソコン上のZENBEATSで開き、当初はRoland UA-S10で再生してアナログ回しで録音しようとしたのだが、雑音が乗って耳障りだったため、Roland MX-1を経由してデジタル回しにした。

On The Phone

Roland ZENBEATSでZC1の「D50 Fantasy」という音色を弾いてMIDI録音し、そこにあったドラムスで伴奏を付けた。シンセにはディレイ、ドラムスにはリバーブをかけてすき間を減らした。

この程度の打ち込みであれば、小さなスマホ画面でできることがわかった。マウスは、あった方がよいと思う。小さな画面を指で隠すと、なおのこと操作が難しくなるからだ。

Windows 3.1の英語版でCakewalk Professional 3.0を使っていたころと、同じと言えば同じだし、違うと言えば違う。

H2

2021/04/13

Roland W-30にアイ・オー・データ機器の光磁気ディスクドライブを接続

20210413a_iodatamdxsx640a

ローランドのサンプラーW-30にはフロッピー・ディスク・ドライブ(FDD)が1つ搭載されているが、フロッピー・ディスク(FD)だけで運用するのは辛いので、できれば他のディスクドライブをSCSI(Small Computer System Interface、スカジー)で接続したいところだ。

CD-ROMドライブは、手持ちのドライブを4つほど試したが、どれも動かなかった。CD-ROMドライブの認識はするものの、読み込もうとするとW-30がハングアップする。情報が豊富なROLAND S-50 S550 S330 W-30 HOMEPAGEを読み返し、他のサイトもいくつかのぞいて解決策を探したが、どうやら、W-30が動かせるCD-ROMドライブは、中身でいうと1種しかないようで、現在入手するのは大変に困難なようだ。そんなわけで、CD-ROMはあきらめた。先述のサイトでダウンロードして焼いたCD-R3枚は無駄になってしまった。

光磁気(MO)ディスクドライブは、手持ちのいくつかのドライブの中で、アイ・オー・データ機器の「MDX-SX640A」(上の写真)が動いた。このドライブには、モード設定があり、ラベルにそれが書いてある。

20210413b_iodatamoxsx640alabel

モードスイッチを、ゼロにするとMOモード、1にするとHDDモードだ。ホストが「あなたはどんな機器ですか?」と尋ねてきた際に、MOと答えるか、HDDと答えるかが違うのだろう。W-30が認識するのはCD-ROMドライブとHDDだけなので、HDDモードがあるのは助かる。

MDX-SX640Aの背面写真がこちら。

20210413c_iodatamoxsx640backpanel

電源ボタンの下にある黒いスイッチはSCSI IDの設定で、ここでは「6」にしている。W-30のホストのIDは「7」なので、それと重ならないように設定する必要がある。白いスイッチがモード設定で、ここでは「1」にしてHDDモードにしている。

このMOドライブにディスクを入れ(今回私が使ったのは230MBディスクだ)、W-30でフォーマットし、その後再度起動すると、以下のように画面が進む。

20210413e_rolandw30foundid6harddisk

上の画面は、SCSI IDをチェックし、ID6にHDDがある、と言っている。ID0~5には何もないと解釈している。

 20210413f_rolandw30knowshddis80mb

上の画面は、発見したHDDの容量が80MBであると言っている。HDD容量がいくら大きくても、W-30がフォーマットできる最大容量は80MBで、そこには64のエリアがあり、1エリアごとにFD1枚分に相当する波形などを保存できる。

起動後に、SCSIデバイスの状態を知りたくなったり、何らかの操作をしたくなった場合は、「SOUND」ボタンを押してSoundメニューを呼び出す。

20210413g_rolandw30ksoundscsicheck

「8: SCSI Check」を選んでENTERボタンを押すと下の画面になる。

20210413h_rolandw30kscsicheckmenu

HDDのIDは「6」で、その容量は80MBであると認識している。ここでVALUEダイアルを回すと、別のIDのHDDに切り替えられる(あれば、だが)。左にあるメニュー項目を選ぶには、F1ボタン、F2ボタン、F3ボタン、F5ボタンのどれかを押す。

ここまで来て、MOドライブをHDDであるかのように使えそうであることはわかった。次は音の保存を試したいところだが、W-30の音が入ったFDを1枚も持っていない。どうしたものかと考え、先述のWebサイトにあった、80MBのディスクイメージを試してみることにした。

先述のWebサイトのサンプル・ページで「ZIP_Disk-1.zip」をダウンロードし、その中の「zipdisk1.img」を復元した。Windowsパソコンに富士通のUSB接続MOドライブを接続した。

20210413i_fujitsudynamo1300u2pocket

製品名は「DynaMO 1300U2 Pocket」、モデル型番は「DMO13PT2S」である。底面のラベルにはそう書いてあった。

20210413j_fujitsudynamo1300u2pocketbotto

このドライブはどんな経緯で入手したのか忘れたが、今日まで、期待を裏切ることなく動いてくれている。ありがとう。

DD for Windowsを管理者権限で起動し、zipdisk1.imgをMOに書き込む。

20210413k_ddforwindows

「書込」ボタンを押すと、次のダイアログが出た。

20210413l_imageissmallerthanmodisk

イメージファイルの大きさがディスクより小さいが、それでいいか?と言っている。それでOKだ。「はい」を押す。

20210413m_writeokornot

上のダイアログで「はい」を押すと書き込みが始まる。

20210413n_ddforwindowswriting

5分53秒で書き込みが完了し、下の表示になった。

20210413o_writedone

このMOを入れ、W-30で「Sound」→「5: Disk」→「1: Load Sound」と進み、「Device」欄を「HD」にすると下の画面になる。

20210413p_rolandw30loadsoundfromhd

これを見た時は「ラッキー!」と小躍りした。ただ、エリア1に入っている「L-501-01 ELECTRIC PIANO」は、うまく読み込めなかった。エリア2の「L-501-02 ELECTRIC PIANO 2」は読み込めた。何かがどこかで壊れたのだろう。

さて、上の画面では、エリアの右端に「S」と表示されている。これは、S-550フォーマットであることを示している。W-30で使うディスクに変換する機能がある。「Sound」→「8: SCSI Check」と進んでF5ボタン「Utility」を押し、「7: HD Convert」を選ぶと下の画面になる。

20210413q_rolandw30hdconvert

ここでF1ボタン「to [W]」を押すとコンバートができる。

20210413r_rolandw30convertinghdstow

上の画面は大変にわかりにくいのだが、「Are you sure ?」と問われてF5ボタン「Execute」を押し、最上行に「Now working 93%」と表示されている。この「93%」は、「残り93%」の意味で、徐々に数値が減っていく。0%になると終わりかというとそんなことはなくて、その後、W-30のシステムなどをディスクに転送するのにけっこうな時間がかかる。230MB MOを使って、13分17秒を要した。

コンバートが終わると、エリア一覧画面は下の図のようになる。

20210413s_rolandw30loadsound_typew

エリアの右端に「W」と表示されている。

こんなわけで、一応MOドライブを使えるようになった。

残念なのは、MOからの起動がうまくいかないことだ。起動は相変わらず、FDから行う必要がある。

一方で嬉しかったのは、W-30を起動したまま、MOのディスクを交換できることだ。下の写真のように、SCSI Checkメニューには「P.Heads」「Restart」という機能がある。

20210413h_rolandw30kscsicheckmenu

F2ボタン「P.Heads」を押すとMOドライブの回転が止まる。その状態でイジェクトボタンを押してMOディスクを取り出し、別のMOディスクを入れてF3ボタン「Restart」を押すと、新しいディスクの読み書きができる。こうすれば、MOディスクの中身をW-30にロードし、別のMOディスクに保存できる。これは嬉しい。

いくつかの音色を弾いてみた。最新のPCMシンセの音が写真だとすると、W-30の音はイラストか漫画のようである。ただ、手で描いた絵が、リアルではないゆえの力を持つことがあるのと同じように、リアルではなく効果音のように聞こえるW-30の音が面白いと感じることもある。

H2

その他のカテゴリー

Abelton Access Music Acon Digital Adam Szabo Akai AKG Alesis Analog Mania Aphex Apisonic Labs Apple Applied Acoustics Systems AQ Interactive Archiss Art Art Nouveau Arturia ASUSTeK Computer Audio-Technica Audiothingies Auratone Avantone Pro BandLab Bastl Instruments Behringer BenQ Bleass Buffalo Cakewalk Canare Casio CFA-Sound Cherry Audio Classic Pro Clavia Nord Daichi Laboratory Daiso Dave Smith Instruments/Sequential dbx Dell Dexed Dexibell DirtBoxSynth DISTRHO Doepfer Dreamhound Studios Dynaudio E-mu East West Ego Systems Elecom Elektron Ensoniq Epson Erica Synths EVE Audio Eventide Excel Sound Fazioli Fender Ferrofish Fostex Fujitsu Full Bucket Music Gakken Garritan Genelec GoTek Green House Guyatone Hammond/Suzuki HammondEggsMusic Hermann Seib Hikari Instruments Honda Hosa Technology HxC2001 IK Multimedia InterM iodata iZotope K&M K-Sounds Kawai Keith McMillen Instruments Kenton Kikutani Klevgrand Korg KTM Kurzweil Lexicon Logicool Logitec Lucid Luxman Mackie Mark Of The Unicorn MASS-Kobo monome Moog Morson Japan Motul Mutable Instruments Newfangled Audio Novation Oberheim/Marion Systems Onkyo OnStageStands Open MIDI Project Panasonic Peavey PFU Philips Pioneer Plogue Ploytec Plugin Boutique Polyphone Premier Sound Factory ProCable Prosonus Radikal Technologies Realtek Semiconductor Reason Studio Red Sound Reon rgcAudio RME Audio Roger Linn Design Roland/BOSS Roll-log Sounds Rybo SanDisk Sanwa Supply Sonic Foundry Sonicware Sony Sound Quest SoundCloud Soundsphere Staedtler Steinberg Stone Voices Strymon Studio Electronics Studiologic SubtleSoft Surge Suzuki Synthogy Synthrotek tc electronic Teac/TASCAM Tiptop Audio TL Audio Topten Software TP-Link ULTIMATE Urei UVI VCV Rack Viborg Audio Vocaloid Voce Volcano Mobile VoltKitchen Group Waldorf Yamaha YEData Zoom お知らせ アメリカン電機 エフェクター オーディオ サンプリングCD スター電器製造 パソコン・インターネット ピアノ 嘘なし減量法 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 機材その他

「シンセな日々」検索








ウェブページ