2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

カテゴリー「GoTek」の4件の記事

2022/06/15

GoTekの文字を大きくする(わずか)

20220615a_gotekfont6x13

GoTek Floppy EmulatorのOLED付きFlashFloppyインストール版を買ったのだが、表示される文字が小さく、老眼の私にはつらい。なんとか大きくできないかと、FlashFloppyのFF.CFGのドキュメントを読んだ。

oled-font = 6x13* | 8x16

という記述があった。oled-fontを8x16に変更したら下の写真のようになった。

20220615b_gotekfont8x16

横幅が8ピクセル、縦幅が16ピクセルになったらしい。わずかではあるが、大きくなった。

上の写真はローランドW-30に入れたGoTekである。Ensoniq TS-12に入れたGoTekでも同じことを試みたが、文字が大きくならない。

TS-12の方のGoTekはバージョンが3.31で、それが原因かもしれないと思い、3.32に更新した。大きくなった!

ほんと、わずかな違いではあるけれど、それでも、以前よりは読みやすいかな。

H2

2022/06/13

Roland W-30のGoTekに短いUSBメモリーを入れる

20220613a_rolandw30_lowheightusbmemory

奥行きの短いUSBメモリーがどこかになかったかな、と考え、ローランドJD-Xaの背面に挿してあった8GBのメモリーを抜いてきた。昨日通販で1個注文したので、それをJD-Xaに使おうかと思う。

昨日の写真ではW-30のスティックにUSBメモリーのストラップが干渉していた。USBメモリーは短いものでないとしっくりこない。

インターネットで入手した音色フロッピーのイメージファイルをUSBメモリーにせっせと入れた。すべてが音色ディスクではないが、ファイル986個、容量は681MBに達した。重複しているものもあるかとは思うが、すごい量である。一生読み込まないファイルも多かろう。

ダウンロードしている際にS-700シリーズ用のFDイメージも見付けた。それらをS-760に読ませるには、S-760のFDDをエミュレーターに換えた方が都合がよいが、それをするかというと、どんなもんだろうか。

S-760は、SCSIのMOドライブとCD-ROMドライブを接続して、MOから起動するのが標準かなと思う。CD-ROMドライブから音色を読み込んで、気に入ったものを保存したい場合はMOに、という使い方が想定されるからだ。W-30の波形メモリーは512Kワード(768000バイト、750KB)に過ぎないが、S-760は32MBである。そこは違うよなぁ。

S-760を540MB MOから起動して時間を測ったら、30秒であった。

W-30にGoTekを入れるプロジェクトは完了したので、近いうちにW-30をハードケースに入れて押し入れにしまうことになるだろう。

その前に記念写真。

20220613b_ensoniqts12_rolandw30

小さめのものであれば、2階に61鍵を置ける、という例。

H2

2022/06/12

Roland W-30にGoTek Floppy Emulatorを入れる(m4aファイル1点)

20220612a_gotekmodified

先日、Ensoniq TS-12にGoTekを入れたのだが、それがまあまあ具合がよく、インフレーションが激化する前に、と思って、もう1台GoTekのFDDエミュレーターを買った。7300円(送料含む)。

今回買ったものは、Rolandのサンプラー「W-30」に入れた。我が家のW-30はSCSI付きなので、W-30SCという呼び方もできる。

20220612b_gotekinrolandw30

入れるのは大変だった。ドライブケージを外すために、かなりのネジを外す必要があり、メイン基板もアナログ出力基板もぐらぐらさせることになり、ほんともう、壊すんじゃないかと冷や汗をかいた。

GoTekのドライブはきょう体がプラスチックで、木ネジで固定するようになっているのだが、W-30の場合、GoTekに付属してきた木ネジでは長さが足りない。そのため、GoTekに付属してきた木ネジでネジを少し切り、そこに、W-30で使われていた部品をねじ込んでネジ穴をなじませ、それから装着する必要があった。

W-30のふたを閉めて、電源が入った時にはほっとした。USBメモリーにフロッピー・ディスク・イメージを入れて起動できてさらにほっとした。

FlashFloppyのドキュメントのRolandサンプラーについての情報には、FDからの起動が遅い時の対処法が記されている。それを試したら、最初の時よりは短時間で起動するようになった。それでも、一瞬で立ち上がるというわけにはいかない。

SCSI対応のバージョン1.07は31秒で、SCSIなしのバージョン1.06と1.10は27秒で起動した。SCSIがあると、デバイス問い合わせをするのに時間がかかるので、そこで4秒くらい時間を失ってしまうようだ。

以前の記事によれば、SCSI HDDからの起動は25秒、FDDからの起動は45秒であったという。GoTekよりSCSI HDDの方が少し速いかな。

話はそれるが、起動が早い気がしたEnsoniq TS-12も測ってみた。3秒だった。大したものだ。

GoTek用のUSBメモリーに、「L-501_1.OUT」というサンプルFDイメージを入れてロードしてみた。うまくいって喜んだが、ロードに38秒を要した。すぐにというわけにはいかないようだ。

手持ちのW-30は、HDDモードにしたMOドライブを利用できたが、そこからの起動はできなかった。HDDも利用でき、そこからは起動もできた。

ただ、W-30のSCSIディスクは容量の制限が厳しい。容量は最大80MB、エリアは最大64なのだ。ざっと言えば、FD64枚分しか入らない。正直、これでは、あまりSCSIデバイスをつなごうという気にならないなぁ、と思う。フロッピー・エミュレーターの方がいいのではなかろうか。そんな気持ちでGoTekを入れてみた。

ただ、何らかの操作をした際に、「システムディスクを入れろ」と言ってくることがあって、それは、HDDで起動していたころにはなかったことではないかと思う。

何にせよ、FDは媒体の入手が難しくなって安定した運用がしにくいし、SCSIも似たりよったりの状況である。GoTekがマシかな、と思う。

背の低いUSBメモリーが足りなくなってきたなぁ。背が高いUSBメモリーを挿しっ放しにすると、何らかのはずみで端子を折りそうで怖いんだよなぁ。

最後に、W-30のデモFD1のデモソングを。

Leya'sSongW30

W-30はオーディオ・エフェクターを搭載していない。今回はすべての出力を「1」から出しているので、モノラル音声である。それがちょっと寂しいかもと思ったので、Eventide Eclipseで少々リバーブをかけた。「This is my song for you.」ですよね。いい。720KBでよくぞここまでがんばった。1989年にこれが入手可能だというのは、多くのシンセ弾きの心を揺さぶったんだろうなぁ。しみじみ。

H2

2022/06/01

GoTek USB Floppy EmulatorをEnsoniq TS-12に装着

20220601a_gotekusbfloppyemulator

GoTekのUSB Floppy Emulatorを購入した。売主がロータリーエンコーダー、ディスプレイを装着し、FlashFloppyの3.31を入れてくれたもので、価格は7800円(送料込み)。

到着するまでの間にUSBメモリーを用意した。FF.CFGには

host = ensoniq
interface = ibmpc-hdout

と記述。インターネットで入手したTSDファイル9点をimgファイルに変換して入れておいた。

Ensoniq TS-12に内蔵した様子が下の写真だ。

20220601b_gotekusbfloppyemulatorinensoni

TS-12は奥まったところにFDDのベイがあるのでつまみが回しにくいが、回せないということはない。ファイルのロードをしてみたが、今のところ、うまくできているように思う。

TSD-1000のプログラム、プリセット、シーケンスを読み込み、デモソングを再生してみた。最初にある「$SONG-00」は中身がないようで、その次にあったのが「BASSMAN」だ。

"BASSMAN" from Ensoniq TSD-1000 "Timbral Magic"

TSD-1000は「Timbral Magic」と呼ばれるFDであったようだ。デモ曲は12曲あり、その最初にあったのがこれだ。どの曲も短いが、音の生き生きとしていて感心した。ただ、低域が多過ぎると感じたので、今回のm4aファイルでは、低域をかなりカットしてからレベル上げをした。

TS-12は音の鮮度が良いように感じる。音が良くなるようにがんばって作ったのだろう。基板を見ると、電子部品の導電線が基板の表から裏に貫通する「スルーホール」になっている。下の写真はアナログボードだが、メインボードもスルーホールだ。

20220601c_ensoniqtsanalogboard

TS-10は1993年発売、TS-12は1994年発売。TS-12に入っていたFDDは表面実装基板であったから、コンピューター業界では表面実装が一般的になっていたのだろうが、シンセサイザー業界では、まだスルーホールが一般的だったろう。

米Studio ElectronicsはBoomstarを作るにあたり、「スルーホールの方が音がいい」と主張していた。TS-12の音を好ましいものに感じる理由の一つは、スルーホール実装であることかもしれない。

H2

その他のカテゴリー

Abelton Access Music Adam Szabo Akai AKG Alesis Analog Mania Aphex Apple Applied Acoustics Systems AQ Interactive Archiss Art Art Nouveau Arturia ASUSTeK Computer Audio-Technica Audiothingies Auratone Avantone Pro BandLab Behringer BenQ Buffalo Cakewalk Canare Casio CFA-Sound Cherry Audio Classic Pro Clavia Nord Daichi Laboratory Daiso Dave Smith Instruments/Sequential dbx Dexed Dexibell DirtBoxSynth Doepfer Dreamhound Studios Dynaudio E-mu East West Ego Systems Elecom Elektron Ensoniq Epson EVE Audio Eventide Excel Sound Fazioli Fender Ferrofish Fostex Fujitsu Full Bucket Music Gakken Garritan Genelec GoTek Green House Guyatone Hammond/Suzuki HammondEggsMusic Hermann Seib Honda HxC2001 IK Multimedia InterM iodata iZotope K&M K-Sounds Kawai Keith McMillen Instruments Kenton Kikutani Klevgrand Korg KTM Kurzweil Lexicon Logicool Logitec Lucid Luxman Mackie Mark Of The Unicorn MASS-Kobo Moog Mutable Instruments Newfangled Audio Novation Oberheim/Marion Systems OnStageStands Open MIDI Project Panasonic Peavey PFU Philips Pioneer Plogue Ploytec Plugin Boutique Premier Sound Factory ProCable Prosonus Radikal Technologies Realtek Semiconductor Reason Studio Red Sound Reon rgcAudio RME Audio Roger Linn Design Roland/BOSS Roll-log Sounds Rybo SanDisk Sonic Foundry Sonicware Sony Sound Quest SoundCloud Soundsphere Staedtler Steinberg Studio Electronics Studiologic SubtleSoft Suzuki Synthogy tc electronic Teac/TASCAM TL Audio TP-Link ULTIMATE Urei UVI Viborg Audio Vocaloid Voce Volcano Mobile VoltKitchen Group Waldorf Yamaha YEData Zoom お知らせ アメリカン電機 エフェクター オーディオ サンプリングCD スター電器製造 パソコン・インターネット ピアノ 嘘なし減量法 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 機材その他

「シンセな日々」検索








ウェブページ