2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー「Genelec」の6件の記事

2020/05/16

Genelec 1029Aで音楽を聴く

20200516a_genelec1029aoverkorgkronos

今日はどうもやる気がしない。眠くて昼寝もした。

机左側の作業場は、これまで支柱の右側にディスプレイがあったのだが、現在のDVIケーブルでも、もしかしたら支柱左側まで届くかもしれない、と考えて、支柱の右側にディスプレイを動かした。これによって、1029Aの右と干渉しなくなったので、高さは少し下げられた。ただ、近過ぎると老眼で見にくかったりするので、なかなか難しい。

MPC4000はちょっとどいてもらった。2階に何を置くかは、また気が向いた時に。

どこかで、「ツイーターが耳の高さに来るように」というノウハウを読んだ。それが本当によいのかどうかは知らないが、今回は、1029Aをマイクスタンドに付けており、ほぼ耳の高さになった。

パソコン→INTEGRA-7→FM-186→1029Aという経路で、音楽を聴いてみている。INTEGRA-7以降はアナログバランス接続。1029Aのディップスイッチは、確認したらフルOFFのフラットになっていた。

なんか耳慣れない音である。サブウーハーがなくて、下がすぱっとないからだろうか。もちろん、Pa1000のスピーカーとは比べられない高音質ではあるが。

INTEGRA-7は96kHz動作である。44.1kHzだとリサンプリングが入る。96kHzのデータの方が、少し音がよい気がする。

H2

2020/03/12

机右側を再編

20200312b_4ucasecomes

机右側を再編した。とりあえず、なるべくシンプルにして、次に来るものの置き場所を確保した。

中央の4Uラックは、上から、フォステクスDP-8、Mark Of The UnicornのMidi Timepiece AV、RME AudioのFireface 800とADI-8 DDである。とりあえずこれだけで、KRONOSをデジタルで鳴らし、ソフトシンセを鳴らすことができる。オーディオの再生もできる。

これまでマイクスタンドに付けていた1029Aをテーブルに置いたら音が大きく変わった。もこもこしてきた。でも、聞くに堪えないほとでもない。とりあえず、ディップスイッチ1をオフに戻した。

H2

Genelec 1029Aで音楽を聴く

20200312a_genelec1029a

机右側のシステムにあるGenelec 1029Aで音楽を流している。リスニングに使ったことはこれまであまりなかったのだが、Macにfoobar2000を入れたり、AudioGateの動作を確かめたり、Windows PCの音楽が入ったフォルダーをネットワーク共有してMac側で聞けるようにした。オーディオインタフェースはFireface 800で、96kHz動作なので微妙にリサンプリングが入ると思うが、まあそれは現時点ではよしとする。

1029Aはけっこうそつのない音を聞かせてくれる。低域がスペックシートでは70Hzくらいまでなので、重低音はない。ベースがポコポコと聞こえる。高域がちょっとシャリシャリしていると感じたので、背面のディップスイッチ1をオンにしてトレブルを落としてみた。低域がもう少しあってもいいかと思い、ディップスイッチ3がオンになっていたのをオフにした。

この大きさで楽しめる音を出すのだから、大したものだと思う。

何でこんなことをしているかというと、モニタースピーカーを別のものに変える予定であるからだ。1029Aは机左側に移動するか、しばらくお休みか、どちらかになるだろう。

H2

2020/02/15

耳慣らしに時間を要しそう

20200215a_oppobdp103_korgmr2000s_rolands

ローランドのオーディオインタフェース「Super UA UA-S10」を購入して、耳慣らしに音楽を聴いている。これまで聞いてきた音と違う面もあり、慣らしに相当の時間を要しそうな気がしてきた。

Windows PC→UA-S10→Dynaudio BM14S→Genelec 1031Aというのが最も単純な経路で、最初はこれを試していた。ただ、PCに入れている音楽のデータはCDレベル(44.1kHz、16ビット)のものが多く、それを超えるハイレゾのデータはそんなに多くない。CDレベルのものもけっこう聞いて、それはそれで役立ったのだが、やはりSACDかなぁと、Oppo BDP-103A→KORG MR-2000S→UA-S10→BM14S→1031AでSACDを聞き始めた。

好きなディスクを持ってきて聞くのだが、微妙に以前の記憶と異なる。宮本笑里「Tears」は、バイオリンのざらつきが気になった。ただ、作った側はこれを意図していたのかもしれない。聞き続けるうちにだんだん慣れてきた。CASIOPEA「ULTIMATE BEST~Eary Alfa Years」は、SACDにしてはあまり音がよくない、と以前書いた気がするが、今日の感想としては、できる範囲で改善を試みたエンジニアの意図が理解できるような気がした。

しばらく我慢して聞き続けるしかない。

H2

2019/12/18

Genelec 1031Aを購入

20191218b_gnelec1031a_behringerb3031a

ジェネレックのパワードスピーカー「1031A」を購入した。ペアで11万4498円。オークションでの落札価格はこれよりもう少し高かったが、7%オフクーポン(最大6000円)を使った。送料込み。

上の写真で背後にあるのはBehringer B3031Aである。B3031Aはリボンで1031Aはリボンじゃないから、混同することはない。ロゴも違うし。ただ、大きさ、バスレフダクトの位置などはそっくりだ。

B3031Aを購入したのは2016年11月で、価格は1万7800円+送料だった(記事はこちら )。ほぼ似たようなスピーカーで、価格は5倍以上の開きがある。まあそれは当然で、1031Aは本物で、B3031Aはそれをまねた製品である。「本物はやはりすごい」となるのか、「ベリンガーやるじゃん」になるのか、わくわくして到着を待っていた。

現在の意見は、よくわからない、である。

下の写真のように配置した。

20191218c_deskwithgenelec1031a

まともなスピーカースタンドなんてものはなく、とにかく空きスペースにモノを突っ込んだ私の机である。

「ALAN PARSONS & STEPHEN COURT Sound Check」を聞いてサブウーハーDynaudio BM14Sの調整にかかる。

APSCSoundCheck

1031Aの再生周波数はプラスマイナス2.5dBで48Hz~22kHzである。50Hzは聞こえた。B3031Aは50Hz~24kHzとなっている。スペック上はさほど変わらないが、私の印象だと、B3031Aはローがあまり出ないので、1031Aの方がローが豊かな気がする。ただ、BM14Sでカバーしてしまうので、現実には大きな差とは感じられない。

1031Aを置いて感心したのは、背面のディップスイッチを一つもいじらなくても、なんかまともな音に思えるところである。環境にあまり左右されないのかもしれない。BM14Sのレベルとハイカットフィルターを調整し、1031Aの左右バランスを取って、とりあえず調整はおしまいである。

1031A+BM14Sの音は、端正である。変わったところがない。NS-10M+YST-SW800に近い。普通である。

ただ、古いCDが古く聞こえ、新しいCDが新しく聞こえる気がする。古いCDの印象が悪くなるわけではない。

ある人のスタジオで聞いたGenelec 8000系は、これとは違う音だった気がするなぁ。なんかもっとこう、鮮やかであったというか。

ニアフィールドモニターは、Auratone 5C、ヤマハNS-10Mと来た。「ポストNS-10M」はどれか、と言われたものだが、私はそれはGenelecであったと思う。1台選ぶなら1031Aだ。

5CとNS-10Mは、商業音楽スタジオにラージモニターがある前提で、その前に置いて使うスピーカーだ。1990年代はプライベートスタジオの波が押し寄せ、そこにラージモニターはなかった。そこで、ニアフィールドモニターなんだけどラージの守備範囲をある程度カバーできるスピーカーが求められた。それが1031Aであった、と思う。

5CとNS-10Mは比較的安価なスピーカーであったが、1031Aはそうではなかった。その点では、「ポストNS-10M」ではなかったかもしれない。

私は1986年か1987年に5Cを、1993年にNS-10M PRO+YST-SW500を買った。スピーカー探しは、1031A+BM14Sで終了といきたいものだ。

H2

 

2019/01/21

Genelec 1029Aを購入

20190121a_genelec1029a

Genelec(ジェネレック)のパワードモニター「1029A」を購入した。ペアで4万800円。買い物を控えようと思っているのだが、つい、買ってしまった。Genelecの製品って一度も買ったことがなくて、先日、とあるシンセ部屋を訪問させていただいた時に鳴っていたGenelecの角が丸いスピーカーがいい音で、ほしいなぁ、と思ってもなかなか買える値段では現れず。

買うなら、やっぱり、1029Aかなぁ、と思っていたところもある。1029Aは、パソコン雑誌の編集の仕事をやっていた時に借りて鳴らしたことがあり、確かに見事な音だと思った。この大きさでこれだけ鳴るのか、という感動があった。ただ、それは会社でやっていたので、家で鳴らすとどう感じるかは、また別問題である。

1029Aがいいなぁ、と思っていた理由は他にもある。スピーカーに網が付いているのがいい。いろんなところに置いたり、持ち運んだりした時に、壊す危険が少ない。床に置いて転がして使うことだってあるかもしれないのだから。バスレフのポートが背面でないのがいい。セッティングに左右されにくいと思うからだ。前面にパワースイッチとレベル調整つまみがあるのがいい。きょう体が丸みを帯びていないのがいい。横置きにして使いたいことだってあるかもしれないからだ。

こうした特徴を備えるパワードスピーカーはそれほど多くない。ヤマハのMSP5がけっこう近いのだが、電源ボタンは背面である。これはこれで、オークションでもペアで2万円程度はするので、そんなに安く流通しているスピーカーとも言えない。どうせなら、一度は買ってみたかったGenelecでしょう、という気持ちで購入した。

置いた場所は、机右手のProphet '08の両側である。

20190121b_genelec1029apair

ミキサーFM-186からTRSケーブルでバランス接続。Fireface 800からバランスでつないでいるので、そこを通して、音楽をかけてみたり、シンセを弾いてみたりしている。

最初に音を出した時は、違和感があった。リバーブ入ってんのかこれ?と思った。ただ、聴いているうちに、少しずつ、慣れてきた気がする。これまでこの場所で使っていたBEHRITONEは、特性はめちゃめちゃな感じであったのだが、シンセを弾くと妙に気持ちがよく、使っていた。ただそのせいで、音作りがおかしかったかもしれない。うーむ。

ちなみに、BEHRITONEは、MP9500の上へ移動した。
20190121c_behritoneonmp9500

これも、弾いた瞬間は、なんだこの音?であった。それでも、MP9500の音色を初期化し、少しずついじっていて、だんだんと慣れた。

机に向かう場合には、NS-10M+YST-SW800、Auratone 5C、B3031A+BM14Sという三つの選択肢がある。机右手のProphet '08を弾く際は1029A。机左手のMONTAGE6を弾く際はNS-M125。机背面のMP9500を弾く際はBEHRITONEである。一体、この部屋にはいくつスピーカーがあるんだ?であるが(答えは、セッティングされているのが14個)、キーボードを弾く時に、ステレオのリスニングポイントに頭を置きたい、と思ったら、こうなるのもやむを得ない。

パワードスピーカーもけっこう増えた。5.1チャンネルをかろうじて組めるくらいはあるが、うちのAVアンプにはプリアウトがない。うーむ。

H2

「シンセな日々」検索







ウェブページ