2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

カテゴリー「Synthogy」の2件の記事

2017/12/22

「シンセ・サウンド」を更新

Prophet08x1000

Kamoda Musicの「シンセ・サウンド」コーナーに、Waldorf Streichfett、Dave Smith Instruments Prophet '08、Studiologic Sledgeの3機種を追加した。また、MONTAGEのページに、MONTAGE EXPANDED、Synthogy American Grand、DX7、DX7 IIのセクションを追加した。MP3ファイルの合計数は925に達した。年の瀬を迎え、年内にやろうとは思っていたのだった。

来年もたくさん録音しよう。少しはうまくなるかもしれないから(苦笑)。

1ページに多くのオーディオコントロールを貼り付けており、Webブラウザによっては、うまく読み込めないことがあるかもしれません。Mozilla Firefoxを推奨します。

H2

2017/10/06

Synthogy American Grand for MONTAGEを購入

20171006c_synthogyamericangrand

Synthogyの「American Grand」を99.99ドルで購入した。Motif XF、MOXF、MONTAGE用があり、私が買ったのはMONTAGE用である。ダウンロード販売なので、すぐ入手できる。数日これを買おうかどうか迷い、ディスカウントクーポンが出るまで待つか、と思ったのだが、待てずに買ってしまった。

MONTAGEに読み込ませ、ライブセットを見るとこのようになっている。

20171006d_americangrandonmontage

パフォーマンスは16個しかない。でも、使えないものがたくさんあっても仕方ないので、数が少ないから悪いとは言えない。16個、すべて録音してみた。同じ曲(の前半)を弾いている。ただ、同じMIDIデータを用意して鳴らしているのではなく、すべて手弾きだ。音に影響されて、テンポは大きく変動している。失敗も散見されるが、お許し願いたい。

AG Concert


「20171006d_AgConcert.mp3」をダウンロード

AGはAmerican Grandの略だろう。ニューヨークスタインウェイのD-274である。スタインウェイであることは言っていても、ニューヨークであるとはっきり言っているのは、ちょっと珍しいかもしれない。ま、私は最近のソフトシンセをウォッチしていないので、それらではポピュラーなのかもしれない。ニューヨークスタインウェイであるのは、ちょっと嬉しい。うちにあるSteinway Fもニューヨークものであるからだ。AG Concertの音は、見事に中庸を行っている。響きはあり過ぎず無さ過ぎず、伸びもあり過ぎずなさ過ぎず、倍音も太さも暖かさも輝きも、すべてが中庸を行っているように思う。主張がない、単に「良い」としかいいようがない音であるのだが、だからこそ使いやすい。作り手の技量と経験を感じる。モジュレーションホイールを上げると音が回る感じを微妙に、または極端に付加できる(録音では使っていない)。実物のDもけっこう音が回って、それをうまく真似ている。いや、お見事。

AG Studio


「20171006e_AgStudio2.mp3」をダウンロード

AG Concertのリバーブがホール3.1秒であるのに対し、AG Studioはルーム1.2秒である。それ以外に何が違うのかというとよくわからないが、おそらく、いろんなシカケが施されているのだろう。モジュレーションはAG ConcertもAG Studioのどちらもバリエーションセンドに割り当てられている。バリエーションの内容は、AG ConcertがSymphonic、AG StudioがEnsemble Detuneである。参考になるなー。

AG Rock


「20171006f_AgRock.mp3」をダウンロード

ロックだからと言って、普通に使えないピアノではないというのがすごい。ジャズにも合いそう。

AG For Ballads


「20171006g_AgForBallads.mp3」をダウンロード

これも、バラードだけじゃなく使えそうなのがすごい。いいピアノってのは、何を弾いてもちゃんと応じてくれる懐の深さがあって、それに相通じるものを感じる。

AG Slightly Squashed


「20171006h_AgSlightlySquashed.mp3」をダウンロード

インサーションでVCM Compressor 376が入っていて、それで少しつぶしてある、ということではないかと思う。なんというか、どれもピアノエフェクトのお手本のようだ。

AG Soundtrack


「20171006i_AgSoundtrack.mp3」をダウンロード

映画のサウンドトラックでピアノが遠くで鳴る、というもの。美しい。

AG Big Detune


「20171006j_AgBigDetune.mp3」をダウンロード

AG Soundtrackまでは2パートで、中低音と高音で分けてあったが、このAG Big Detuneは4パート使ってデチューンをかけている。ちょっと控えめなホンキートンク。

AG 100 Years Later


「20171006k_Ag100YearsLater.mp3」をダウンロード

100年を経てちょっと壊れたピアノをイメージしたのだろう。モジュレーションホイールはバリエーションセンドで、バリエーションエフェクトは2 Modulatorである。モジュレーションホイールを上げると、アンピッチな感じが付加される。

AG Old Mono


「20171006l_AgOldMono.mp3」をダウンロード

使っている波形は、モノじゃないように思う。左右に広げてない、という意味かなあ。

AG with Tines


「20171006m_AgWithTines.mp3」をダウンロード

エレピレイヤー。エレピにはけっこう深いパンがかかっている。センスがいい。

AG and FM


「20171006n_AgAndFm.mp3」をダウンロード

アコピとFMが、あまり混ざらずに独立して聴こえるような気がする。FMを単体で聴くと弱々しいのだが、それがいいんだろう。うまい。

AG String Layer


「20171006o_AgStringLayer.mp3」をダウンロード

ピアノとストリングスのレイヤー。それでも、このフレーズ弾いても大丈夫なのがすごい。ピアノにだけアルペジオがかかるようになっているので、ARP ON/OFFボタンを押してオンにするとまた楽しい。

AG Padded


「20171006p_AgPadded.mp3」をダウンロード

パッドレイヤー。モジュレーションホイールを上げるとパッドの倍音が付加される。パッドの音量を下げるとさらにいい。

AG Trailer


「20171006q_AgTrailer.mp3」をダウンロード

ディレイを後ろに引っ張っているからトレーラーなのかな。時々見かける表現である。

AG Hammered


「20171006r_AgHammered.mp3」をダウンロード

コメントには「Dulcimer AG」とあるので、ダルシマーをイメージしているのかも。ハンマーに加工したものをイメージしているのかも。ちょっとトイピアノ風でもある。

AG Shipwrecked


「20171006s_AgShipwrecked.mp3」をダウンロード

雑音を混ぜた音。これはちょっと、使いどころを考えねばならないかも。

ここまでで16個の音色を網羅したが、一度もサスティンペダルを踏んでいないので、それも一つくらいは、ということでもう一つ。

AG Concert(with Padal)


「20171006t_AgConcertWithPedal.mp3」をダウンロード

ペダルを踏んだ時の音の残りは、これまた、多過ぎず、いい感じである。

-------------------

先日ファツィオリを弾きに行って、やっぱりやられてしまうところがあって、ファツィオリ買えないかなー、いやせめてフルコン買えないかなー、と妄想していた。でも、やっぱ難しくて、シンセかな、と思ったりもした。で、MONTAGEでもうちょいまともな音出してみようか、と思って、手持ちのサンプルを試していて、で、ついつい、American Grandを足してしまったのだった。

これで我が家のMONTAGEには、ヤマハのCF3、CF3S、CFX、S700、S6、ベーゼンドルファーの290 Imperial、ニューヨークスタインウェイのD-274のサンプルが入ったことになる。ネタはこのくらいにして、プログラミングをしてみようか。

でも、我が家にあるのはMONTAGEだけではないので、浮気心が出るかも。S6000もFusionもあるし、E5000 Ultraを引っ張り出してくるという手もある。

H2


その他のカテゴリー

Abelton Access Music Adam Szabo Akai AKG Alesis Analog Mania Aphex Apple Applied Acoustics Systems AQ Interactive Art Art Nouveau Arturia ASUSTeK Computer Audio-Technica Auratone BandLab Behringer BenQ Buffalo Cakewalk Canare Casio CFA-Sound Cherry Audio Classic Pro Clavia Nord Daiso Dave Smith Instruments/Sequential dbx Dexibell DirtBoxSynth Dynaudio E-mu East West Ego Systems Elektron Ensoniq Epson EVE Audio Eventide Fazioli Fender Ferrofish Fostex Fujitsu Gakken Garritan Genelec Green House Guyatone Hammond/Suzuki HammondEggsMusic Hermann Seib Honda HxC2001 InterM iodata iZotope K&M K-Sounds Kawai Keith McMillen Instruments Kenton Kikutani Korg KTM Kurzweil Lexicon Logicool Logitec Lucid Luxman Mackie Mark Of The Unicorn MASS-Kobo Moog Mutable Instruments Newfangled Audio Novation Oberheim/Marion Systems OnStageStands Open MIDI Project Panasonic Peavey PFU Philips Pioneer Plogue Ploytec Plugin Boutique Premier Sound Factory ProCable Prosonus Radikal Technologies Realtek Semiconductor Reason Studio Red Sound Reon rgcAudio RME Audio Roger Linn Design Roland/BOSS Roll-log Sounds Rybo Sonic Foundry Sony Sound Quest SoundCloud Soundsphere Steinberg Studio Electronics Studiologic SubtleSoft Suzuki Synthogy tc electronic Teac/TASCAM TL Audio ULTIMATE Urei UVI Viborg Audio Vocaloid Voce Waldorf Yamaha YEData Zoom お知らせ アメリカン電機 エフェクター オーディオ サンプリングCD スター電器製造 パソコン・インターネット ピアノ 嘘なし減量法 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 機材その他

「シンセな日々」検索







ウェブページ