2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー「Voce」の4件の記事

2016/06/17

ピアノセット再編

MP9500を中心にしたピアノセットに音源を追加配置した。これまではMP9500、Nord Elector Rack 2、MKS-20+ProR3、SG-Rackの4台だったが、そこにMU1000、Voce electric pianoを追加した。買ったわけでなく、押入れから掘り出してきた。

MU1000は、今回はパフォーマンスモードで追加。ある意味、目が覚めるような音である。当時はDTM音源が売れてたから、プリセットを作るのに手間ひま=お金をかけられたんだろうなあ、と思った。波形の豊富さも、あのころがピークだったかも。これまでのラインナップだと波形の豊富さがあまりなかったので、MU1000は歓迎できる。ロータリーエンコーダーが不調なのが残念だけれど、ボタンで操作できないこともない。

Voceはローファイなどんくさい音なのだけれど、悪くない。つまみとボタンを押すのが楽しいんだろうと思う。ワウペダルの効きは、Nord Electroに比べると落ちるけれど、別の味と言える。

MP9500の上にはスピーカーを載せていて、そこから音を簡単に出せるようにしてある。スピーカーの下には粘着ジェルを入れてみた。不要な共鳴を少し抑えられたかも。

JD-XAを中心とした机側セットでは、Nord Lead A1を片付けて、JD-XAの上にMacBookを置いてみた。JD-XAをUSB接続して、オーディオ、MIDIのやりとりをする。こうするとJD-XAからMacを音源として使える。KORG Legacy Collectionを弾いてみているのだが、やはりLegacy CollectionもMacもLogicもわからないことが多く、迷うことしきりである。

老眼なので、Legacy Collectionのパネルの文字が、メガネなしでは読めない…。

H2

2016/01/18

VOCE electric piano配置

VOCEのelectric pianoを押し入れから取り出し、MP9500を中心としたピアノセットに加えてみた。MP9500のピアノと混ぜると意外とよい。低域が出過ぎるきらいがあり、ミキサーMackie 1202VLZの3バンドEQで抑えると効果的。ローランドのペダルをつないでワウをやってみると、動き過ぎるきらいはあるが、それでも面白い。M3のリバーブを通しても、また印象が変わる。

手近に置いてつまみをいじること、EQをかけること、他と混ぜること、などが鍵なのかもしれん。

H2

2015/05/23

Voce Electric PianoとMicro B IIの印象

VoceのElectric PianoとMicro B IIが届いた。けっこうきれいで、ACアダプターにVOCEのロゴが入っているのには驚いた。日本製で、N. DENSAN P.G.と書かれている。どこの会社だろう? 日本仕様品だからなんだろうか?

音は、チープというより、汚い。ダーティでノイジー、ナローレンジ。でも、それが味だと思える。

EPの場合、コーラスは発音数が半減することを考えると本当はコーラスではないのかもしれない。ワウペダルは強烈に効くが、クラビ専用のような気もする。ローズにかけるとなんかしっくりこないものがあるから。どうも作り込みが甘い。マルチティンバーである意味も、EPの場合はあまりない気がするがとにかくそうなっているので、1チャンネルだけにできず、ある意味不便。

なんか、全然リアルじゃないんだけど、でもそこが逆にリアルというか。ウーリッツァとピアネットとRMIは珍しさがある。MKS-20と、音は全然違うけど、変り者であるところは似ているような。ローズはウーリッツァとそっくりで、けっこう謎。

オルガンの方は、ちょっぴり弾いただけであるが、コンパクトな割には、けっこう楽しめると思う。ドローバーがないのはもちろん欠点なんだけれど、適当にプリセットを選び、エフェクトを選び、オーバードライブ、クリック、パーカッションのつまみをひねるだけで、けっこう遊べる。C1につないで真面目に弾くというのも、一度くらいは試してみたいと思ったりする。

なんというか、コレクターに推薦します。

H2

2015/05/20

VoceのElectric PianoとmicroB II購入へ


VoceのElectric PianoとmicroB IIのセットがオークションに出ていて、即決した。2万5000円+送料1000円+振り込み手数料216円。まだ到着していない。「人と争ってまで買わんでも」という気持ちがあり、即決だと買ってしまったりする。

Voceの製品は以前から気になっていた。チープな気がするが、弾いてみないとわからない。Electric PianoはMP9500のピアノセットに入れるつもりで、配線をいろいろ考えている。microBIIは、C1につなぎたいが、microBIIをマルチで使うにはプログラムチェンジやコントロールチェンジを送らないといけないし、それがC1ではできないから、じゃあTRITONを使うか、それともパソコンか、という話になり、けっこう面倒である。

オルガンはC1で十分、次はレスリーだ!と思いつつ、またオルガン音源に手を出してしまった…。

レスリーは、ちゃんとした状態を知りたいし、メンテのこともあるので、新品を買うべきだろうと思う。3300が欲しいが、重いので2階に運ぶのは無理だ。離れに置くしかない。離れにC1を置くかというと、うーむ、とも思う。夜中にこっそり行くのが難しい。また、離れはRX-A、EL57、Rhodes mk2 stageがあるので、C1を置くとなると、さらに過密にするか、どれか片付けるかだ。

将来、RX-Aを居間に移設しよう、という意見もある。子供が子供部屋に移ってくれないと無理なので、かなり先のことになるだろうけれど。

当面は、Rhodesの上にEX5置くか、またはEL57を使ってオルガン音源をMIDI接続し、それをレスリーに送るという手もある。

Rhodesをレスリーで鳴らすというのも、やってみたい。Nord Electro Rack 2はそれができるのだが、けっこう面白い音である。Rhodesを鳴らすのにJC-120を考えたことがあるが、やはり、レスリーが優先だろうと思う。

子供に、一度はレスリー聞かせたいよね。私がエレクトーンD30で感動したように。

消費税が上がる前に、レスリー買うか。ケーブルも、11ピンと8ピンと両方買わねばならないので、かなりの予算が必要だ。うーむ。

H2

「シンセな日々」検索







ウェブページ