2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー「Yamaha」の206件の記事

2020/09/21

Rhodes mk2にヤマハFX500Bを接続

20200921a_rhodesmk2withyamahafx500b_behr

Fender Rhodes mk2の上には、2019年9月時点(記事はこちら)では、TL AudioのO-2031とローランドSDE-330、モニタースピーカーとしてはBehringerのC50Aが乗っていた。その後、サラウンドの実験をしてスピーカーが足りなくなってC50Aを書斎に移したため、Rhodesは弾ける状態になっていなかった。

本日ふと思い立って、C50Aを離れのRhodesの上に戻し、エフェクターはヤマハFX500Bのみにした。

FX500Bは1990年代初頭に、私が初めて購入したデジタルエフェクターである。中古で2万円だったと思う。エフェクターを搭載していないDX7につなぎ、プログラムチェンジでエフェクトの設定を変えられて嬉しかった。

FX500Bは、コンプレッサー→オーバードライブ→EQ→モジュレーション→リバーブまたはディレイを内蔵している。モジュレーションとリバーブ/ディレイは逆にもできる。ボタンの配置がよくできていて、各エフェクトのオンオフ、パラメーター設定、ストアがストレスなくできる。背面に出力レベルを切り替えるスイッチがあり、マイナス20dBとマイナス10dBのいずれかを選べる。マイナス10dBでうまく鳴ってくれて、なかなかいい組み合わせだと思った。

C50Aは音のリリースでブツブツ言う癖があり、正直、使えないケースが多いスピーカーだと思う。でも、シンセやローズを鳴らすと、それが気にならないこともある。

ローズピアノは、アコースティックピアノがない場所でもピアノ付き音楽を演奏できるように作られた楽器だ。アコピ用の譜面をそのまま弾いて、バランス的にはさほど問題がない、というのはすごいことだと思う。音色はまったく違うのだが、一応、音楽になる。大したものだ。

一度メンテナンスを依頼するといいのかなぁ。

H2

2020/08/12

Yamaha NS-M125とLuxman L-430を出してきた

20200812a_yamahansm125

机左側のキーボードスタンドに設置するスピーカーは、これまでBehringer C50Aだったのだが、それをヤマハNS-M125に変えた。NS-M125はパッシブなので、アンプが必要である。Luxman L-430を出してきた。

20200812b_luxmanl430

L-430には「low boost」というボタンがあり、Auratone 5Cをメインスピーカーとしてつないでいたころは、よくオンにしていたものだ。NS-M125は背面ホールのバスレフであるせいか、low boostを入れると、ちょっとぼこぼこし過ぎるきらいがある。

今回の配線変更の動機は、Nord Stage 3をC50Aで弾くのが耐えられなかったからだ(Nord Stage 3の出力3-4からC50AのRCAピンに直挿ししていた)。音のディケイがぶつぶつ言って、聴くに堪えなかった。他のスピーカーを買うことも考えたが、お金が、ということもあって、ある物で何とかできないか、ということでNS-M125である。

音は、まあまあ良い。NS-M125をNSA-919AHのフロントメインとしてつないだことがあり、その時はあまりに印象が悪く、すぐにNS-10Mに戻した。でも、今回はけっこう良い。L-430の方が駆動力があるのかもしれない。

接続順は、Nord Stage 3を弾くだけならば、Nord Stage 3→AC2496→dbx Quantum→L-430→NS-M125で音を出せるようにした。電源スイッチの数でいうと4個だから、めちゃくちゃに多いとは言えない。これだと、机右側のMacやFirefaceなどを立ち上げなくても弾ける。

dbx Quantumで切り替えると、MacBook→Fireface 800→dbx Quantum→L-430→NS-M125という配線を有効にできる。サラウンドスピーカーとして使える。ただ、サラウンドとして使うことを想定しているため、Nord Stage 3に向かって弾く場合は、右にスピーカーL、左にスピーカーRと、逆になる。まあ、これはこれでよしとする。

1986年か87年に、バンド練習に持っていったアイワの大きなラジカセを仲間の車に積み忘れて街中に放置し、気付いて探しに行ったが見つからなかった。だれかが持っていってしまったんだろう。それで仕方なく買ったのが、中古のL-430(4万円くらいだった)と新品のAuratone 5Cである。L-430は、1990年代に一度壊れたため、修理に持っていって、電源スイッチを交換してもらった。そのアンプが、いい音を響かせてくれているのは、とても嬉しい。

H2

 

2020/08/07

Genelec 1029Aをセンタースピーカーに

20200807a_yamahansm125_genelec1029aascen

正面机の、UA-S10を主としたサラウンド5.1チャンネルシステムのセンタースピーカーをジェネレックの1029Aにした。

これまでそこ(液晶ディスプレイ手前)にあった、VSA-919AHを主としたサラウンド5.1チャンネルシステムのセンタースピーカー、ヤマハNS-M125は、画面の上に持っていった。大画面を置いたままでセンタスピーカーを置くには、結局、上に置くか下に置くかしかないのである。

NS-M125を上に持っていく方法として一時は壁掛けも考えたのだが、バスレフポートが背面にあるスピーカーを壁掛けにするのもいかがなものか、と考えてしまった。結局、NS-M125を中古で買った時に付いてきたスピーカースタンド「SPS-30MMS」のベースを除く部分を、木ネジでデスクに固定した。

20200807b_speakerstandfornsm125

ありあわせの木ネジでなんとか止まったが、こうして写真を見ると、ネジが斜めに入っており、恥ずかしい。

従来は、Behringer B3031Aを机の下に置いてセンタースピーカーとしていたのだが、リスニングをしているうちに、さすがにこれはひどかろうという気がしてきた。センターの音が机の裏側を回って沸き上がってくるのは、面白かったけれど、でも、制作者の意図とはかけ離れてしまう。やっぱり、目の前に置きたい。

小型のパワードスピーカーでいいのがないかと物色し、フォステクスのNF04Aがいいなぁ、と思ったのだが、まだあまり中古が出回っていなくて高い。Behringer C50Aを置いてみたら、高さが165mmくらい、奥行きが200mmくらいあって、ひどく邪魔であった。1029Aはどうかなぁ、と巻き尺を持ち出して測ったら、横置きした場合の高さは145mmくらいなので、C50Aより低い。奥行きは190mm強で、これもC50Aを下回る。また、1029Aはケーブルが背面の下出し(横置きしたら横出し)なので、奥行きの面ではC50Aよりかなり有利である。

そんなわけで、UA-S10を主とした5.1チャンネルのスピーカーは、フロントLRがGenelec 1031A、センターがGenelec 1029A、LFEがDynaudio BM14S、サラウンドLRがBehringer 3031Aとなった。

VSA-919AHは、ロックなどの音量が大きい音楽を再生した場合、冷却ファンが回ってうるさい。パワードスピーカーで組んだUA-S10側のシステムは、それがないため、音量を上げて聴くのに向く。

机右側のテーブルのRME Fireface 800を中心とした5.1チャンネルは、フロントLRをEve Audio SC307、センターをGenelec 1029A、LFEをEve Audio TS112、サラウンドLRをBehringer C50Aにするつもりだが、まだ配線をしていない。

H2

2020/06/14

Yamaha MONTAGEを3.50.0に更新

20200614a_updatingyamahamontageto3_50_0

ヤマハMONTAGEのバージョン3.50.0が出ていたので更新した。特に問題なく済むが、中身を初期化したので、ライブラリーとかを再構成する必要があり、少々面倒ではある。

3.50.0の新機能は、

・パフォーマンス(音色)を32個追加

・2つ以上のFM-X音色を分析して新しい音色を作り出す「Smart Morph(スマートモーフ)」機能

・パターンシーケンサーで、イベント消去機能などを強化

・MODXのX8Uファイル、X8Lファイルを読み込める

・フットスイッチでテンポを設定できる

・MONTAGE Connectがパターンに対応

などである。すごいような、すごくないような。

新規に追加されたパフォーマンスは、スマートモーフ機能を使ったものが多いようだ。その中から一つ。

Yamaha MONTAGE 3.50.0 "Morphalux"

適当に弾いて、ペダルでスーパーノブを動かしたり、アフタータッチでうねうね言わせたりした。FM音源のキンキンした感じが、DX7時代に回帰したようで心地よい。

長期にわたって更新、機能追加をすることは、ユーザー満足度を高める効果があると思う。また、製品の陳腐化を多少なりとも防ぎ、寿命を長くすることを可能にし、開発作業を少し減らしてくれるのではないだろうか。ヤマハさんありがとう。

H2

2020/06/02

Yamaha FC3Aを購入

20200602a_yamahafc3a_fc3

ヤマハMONTAGE 6用に、ダンパーペダル(サスティンペダル)「FC3A」を購入した。上の写真の左がFC3Aで、右は2016年に購入して(記事はこちら )使ってきたFC3である。FC3Aの価格は3795円。ただし、先日購入したNord Triple Pedalで得た2390ポイントを使ったので、支払いは1405円である。

サウンドハウスのポイントは、取得後1カ月くらいで消えてしまう。急いで使おうと考えた。

FC3Aは「MADE IN INDONESIA」である。FC3は「MADE IN JAPAN」だ。ヤマハはインドネシアにピアノの製造拠点を持っているので、そこで作られるのは、まあ当然かなと思う。

FC3はストロークが長いのか、踏みにくいと感じることがあった。動作時の音も、踏み方によってはけっこううるさい。FC3Aを一度試してみたいと、以前から思っていた。

ぱっと見ると、FC3Aの方が、ペダルが下にあり、ストロークが短いように見える。ただ、見る角度によっては、ペダル先端の高さは、あまり変わらないようにも見える。

20200602b_yamahafc3a_fc3

MIDI出力を見たら、値がけっこう細かく出力されていた。

20200602c_yamahamontage6withfc3asmoothho

大したものだ。

しばらくFC3Aを使ってみようと思うが、FC3と比較して、どちらがいいということも言い難い、かもしれぬ。

H2

2020/05/28

ピアノの「ストレッチ」と「フラット」

20200528a_yamahamontagestretchandflat

ヤマハMONTAGEにCP1由来のCF3Sを入れようとして、あるデータは120MB程度あり、あるデータは70MB程度で、何が違うのかを見たら、ストレッチチューニングとフラットチューニングの2種が入っている方が大きく、ストレッチのみの方が小さかった。ストレッチとフラットでどう違うのだろうと思い、ストレッチのサンプルを使ったパフォーマンス(音色)を、フラットに変えて保存するという作業を始めた。

違うような違わないような…。

MONTAGEが標準で持つ波形一覧を見たら、MOTIF XS由来のCF3、S70/90 XS由来のS6はストレッチとフラットがあった。S90 ES由来のS700とMONTAGEの新ピアノCFXはストレッチのみだった。

で、上の画面のように、CF3とS6のいくつかのプログラムでストレッチとフラットを用意した。今後、時々比べてみよう。

ではその音を少し。

Natural Grand S6 (Stretch Tuning)

ほどよい回り感がある。回りながら落ちていくというか。MONTAGE内蔵のシーケンサーに録音し、8分でクォンタイズをかけた。

Natural Grand S6 Flat (Flat Tuning)

先ほどと同じ演奏データで音色だけ変えている。ド(C)だけを演奏している時は回転感が少なく、まっすぐ落ちていく感じ。一方で、レ(D)とかシ(B)を弾いた時の不響感が少し異なったものに感じられる。

ピアノ以外の音は、どれもフラットチューニングだと思うんだよねぇ。

この使い分けは、悩ましいけど面白いかも。

ストレッチとフラットの両方を録音してシンセまたは電子ピアノに収録するというのは、大変に野心的な試みであると思う。

ストレッチとフラットの両方を標準で持つ機器は、うちにある中で判明しているのは、MONTAGE、MOTIF-RACK XS、PLG-150APである。うちにない機種では、CP1、MOTIF XS、MOTIF XFが持っていると思われる。他の機種も、説明書をよく読めばわかるかもしれないが、大規模に調べてはいない。

ストレッチとフラットの両方を収録すると、消費するメモリー容量がほぼ倍になる(ノイズ系は一つしか収録しないことがあるから)。同じメモリー容量であるとすれば、収録できる音色の量が半分になる。

でも、ストレッチとフラットの使い分けをする人って、あまりいないだろう。

となると、ストレッチのみを収録して「大容量ピアノサンプル」をアピールしたり、「ピアノサンプルがたくさん」をアピールしたりする方が、セールスには結び付くはずだ。

このように考えると、ストレッチとフラットの両方を持つ機器って、希少価値が出てくるかも。

(追記)ネット検索していたら、電子ピアノでストレッチとフラットの選択機能を持つものはいくつかある。ただ、それが、ストレッチとフラットの両方のサンプルを収録して切り替えているという意味なのか、元々をフラットにしておいて周波数を変えているのか、は説明書からは読み取れない。いろいろと、やり方はございますなぁ。

で、PLG150-APとかMOTIF XSとかは、波形は同一でチューニングだけを変えているのか、それとも波形からして異なっているのか。どちらでしょう。わかりませんなぁ。CP1は、そのデータが存在するから波形が別ではないかという気がするんだけれど。

H2

2020/05/27

Clavia Nord Stage 3とYamaha MONTAGEのピアノ

20200527a_yamahamontagenowloadingx7l

机左側はClavia Nord Stage 3 HP76がおり、机右側に何を置こうか考えた後に、ヤマハMONTAGE 6を出してきた。Nord Stage 3のピアノがいいのだが、いいと言っても、ライバル機種を凌駕するものかというと、どんなもんだろうと思ったからだ。

現在の印象としては、Nord Stage 3のピアノは良いけれども、MONTAGEのピアノも同等に良い。

MONTAGEのFSX鍵盤は良い。静かで弾きやすい。慣れたせいかもしれないが。ピアノの音となじむ。ピアノの音も、標準で4種ある。MOTIF XSの「Full Grand」(たぶんCF)、S90 ESに搭載されたS700、MOTIF XFに搭載されたS6、新作のCFXだ。すべてヤマハであるのが難点と言えば難点だが、どれもいい音だと思う。追加ライブラリ(有償含む)があり、ベーゼンドルファー、ニューヨークスタインウェイ(American Grand)、C7(Epic Grand)の3つは容量が大きくてゴージャスだ。バランスアナログ出力がローノイズである。

悪い点も挙げる。気持ちよく弾くには音色(パフォーマンス)ごとに調整が必要だ。うちがシンセ鍵盤であるせいかもしれないが、システムのベロシティとパフォーマンスのベロシティを調整しないと、気持ちよく鳴らないことが多い。ソフトペダルの実装がない(私が知る限りでは)。同じ波形(ウェーブフォーム)でもパフォーマンスの作りによって音が大きく変わるため、パフォーマンスを探す努力も必要だ。

Nord Stage 3 HP76の鍵盤はバネが強く、まだ慣れない。プリセットはそのまま弾けるレベルで、調整が必要と感じた時に、MONTAGEより簡単に操作できる。アップライトの音色に面白味がある。Nord Triple Pedalを買わないとフル機能を堪能できない。

うーん、どっちもどっちだなぁ。

H2

2020/05/14

Yamaha MONTAGE 6を出してきた

20200514b_yamahamontage6

右側のテーブルのSYSTEM-8とSH-32を片付け、ヤマハMONTAGE 6を出してきた。

オークションで、これいいなぁ、と思うものがあったのだが、でも、それを置くより、手持ちのMONTAGEを使った方がいいんじゃないの?と自分に問いかける意味で出してきた。

鍵盤はいい。文句なくいい。奥が弾きやすいし、静かだし、剛性があってアフタータッチもある。これで76鍵盤ならいうことはなかったのだが、少しでも安く買いたくて61鍵盤にしてしまった。

S/Nがいい。フロアノイズがマイナス90dBを下回る。アナログバランス接続でこれだけのものが得られるなら、デジタル接続より、エラーが出ない分いいかもしれぬ。

Logic Pro Xの制御ができるのがよい。Logicの操作もこのごろは慣れてきて、Wで巻き戻し(これは設定した)、Rで録音、スペースで再生という程度のキーボード操作で使えるようになってきたが、それでも、MONTAGEの中央部にある、赤く光る録音ボタン、緑に光る再生ボタンは大変に美しく感じられて好ましい。

ピッチベンドとモジュレーションがホイールであるのがいい。特にモジュレーションは、MOTIF-RACK XSやProteus 2000は、モジュレーション操作子から手を離してもその位置にとどまることを前提として音が作られているので、コルグやローランドのようなタイプだと不便である。

フットコントローラーが2個つながるのがいい。私の場合、cc#7とcc#11を送れるようにしていて、各種の音源(ハード、ソフト)への対応を考えると、これがベストであろうと思う。

ここしばらく触っていなかったが、やっぱりMONTAGE、いいわ。

最後に音を一つ。

Yamaha MONTAGE "Picked Son of Gt"

ギター音色の独奏。この音色はモジュレーションホイールを上げるとビブラートがかかるのだが、両手で弾くとホイールを上げられない。Logicの最初のトラックにノートとサスティンを録音し、ホイールは2番目のトラックに後で追加した。

さて、これで欲望を抑えられるだろうか?

H2

2020/05/08

Yamaha MOTIF-RACK XSのアルペジオを録音する

20200508a_3tracksforyamahamotifrackxsdru

ヤマハMOTIF-RACK XSにはアルペジオのパターンが多数収録されている。それを使ってバックのドラムスを作れないかと考えていて、「Yamaha MOTIF-RACK XSのドラムをアルペジオで鳴らす」では、コントロールチェンジでアルペジオのオン/オフ、パターン切り替えの実験をした。

そこから一歩進んで、アルペジオのノート情報をシーケンサーに取り込めないか、という実験をした。

まずは音。

Yamaha MOTIF-RACK XS Power Standard Kit 1 playing MB_Power Rock

プリセットドラム001「Power Standard Kit 1」を、プリセットパターン3823「MB_Power Rock」で鳴らしたもの。イキがよい。ノイズが少ないのでクラッシュシンバルの余韻もきれいに入った。

最初の画像は、Logicのトラックである。トラック1には、MIDI入力にキーボードを設定し、MIDIの出力先をMOTIF-RACK XSとして、MOTIFの側でアルペジオをオンにし、アルペジオを呼び出すノート情報を録音した。小節頭で2回発音させただけなので、全音符でクォンタイズをかけた。

次に、MIDI入力にMOTIF-RACK XSの出力を設定し、トラック1を再生、トラック2を録音状態にして走らせる。トラック1がMOTIF-RACK XSのアルペジオを呼び、そのアルペジオのノート情報がトラック2に録音される。

そのテストをする際は、トラック1をミュートし、トラック2を再生状態にし、MOTIF-RACK XSのアルペジオを切る。アルペジオを切るのを忘れるとちゃんと再生されない。

このようにトラック1とトラック2を使ったのは、アルペジオを呼び出すノート情報にクォンタイズがかかっていないと、微妙にずれることがわかったからだ。ただ、呼び出しノートがジャストであるとしても、それでも、トラック2に録音された音は、微妙には遅れている。今回はトラック2にクォンタイズをかけていないが、かけた方がよいのかもしれない。

ノート情報を記録できると、後で編集がしやすい。音を追加できるのもメリットだ。今回は、トラック3に、終わりのクラッシュシンバルを入れてみた。

いいなぁ、きれいな音だなぁ。さすがヤマハ。

H2

2020/04/12

Yamaha MOTIF-RACK XSのドラムをアルペジオで鳴らす

20200412c_eventlistformotifrackxsstereog

MOTIF-RACK XSのドラムを、プリセットされたアルペジオで鳴らす実験をした。

Yamaha MOTIF-RACK XS GMDR001 Stereo GM Kit

GMDR 001 Stereo GM Kitを、あらかじめ設定されたアルペジオで鳴らしたもの。データは上の図の通りである。cc#90を64にしてアルペジオをオン、cc#85を108にしてアルペジオ5を選択、ノート情報で2小節鳴らしてカウントインを作る。cc#85を32にしてアルペジオ2を選択、ノートオンで通常のパターンを9小節分出す。cc#90をゼロにしてアルペジオを切り、エンディングのノートを出した。

Logicのリストエディタをこれまでほとんど使ったことがなく、まさに手探りである。よくわからない。

でもこれで、プリセットパターンを呼び出して遊ぶことができそうだ。自分で打ち込んでもうまくできない。人の作ったものを活用できれば助かる。

H2

より以前の記事一覧

「シンセな日々」検索







ウェブページ